Windows10でVPN接続時に名前解決ができないときの3つの対処法・解決策

インターネット回線上でVPNアプリケーションを使って特定のネットワーク内のコンピュータ(サーバなど)にアクセスする場合に、特定ネットワーク上のコンピュータ(サーバなど)に対してIPアドレス直打ちするとアクセスできるが、コンピュータ名を指定するとアクセスできない!

つまりVPN接続のときに名前解決ができない!という場合の対処法・解決策をおすすめ順に3つ紹介します。

VPN経由だとDNSで名前解決できない現象

例えば、サーバのコンピュータ名(NetBIOS名)を「TestSrv」とします。
そして、ネットワーク上のすべてのコンピュータ(サーバ、クライアントPC)はADドメインに参加しているとします。

<実際に発生した現象>同じネットワークにクライアントPCとサーバを置いて、クライアントPCのエクスプローラのアドレス欄に「\\TestSrv」と入力すると、サーバの共有フォルダにアクセスできる。

ところが、インターネットからVPNアプリを使ってこのネットワークにアクセスした場合は「\\TestSrv」と入力してもサーバにアクセスできない。

※このときコマンドプロンプトからnslookupでDNSサーバに問い合わせてみたところ、DNSサーバにはアクセスできるが「TestSrv」の名前解決はできなかった。

それでは、この現象を解決する3つの対処法・解決策を紹介します。

VPN接続で名前解決する方法①:フルコンピュータ名

1つ目は、フルコンピュータ名を使った方法です。

例えば、ADドメインが、TEST.ADだった場合は、フルコンピュータ名(サーバ名+ドメイン)を指定すればアクセス可能になります。

エクスプローラのアドレス欄に「\\TestSrv.TEST.AD」と入力すれば、名前解決が可能となり、サーバ内の共有フォルダにアクセスできる

このとき、nslookupでTestSrv.TEST.ADを引くとIPアドレスが返ってきます。

この方法をおすすめする理由は、サーバと同じネットワークに接続している状況でも、インターネットからVPN経由でアクセスする状況でも、フルコンピュータ名を指定しておけば、サーバにアクセスができるという点です。

つまり、どちらの状況でも同じ設定内容でアクセス可能ですので、クライアントPCの管理が楽です。

VPN接続で名前解決する方法②:hostsファイル

2つ目は、hostsファイルを使った方法です。hostsファイルにサーバのIPアドレスを記述しておけば、この情報を使って名前解決をすることができます。

hostsファイルの場所:C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts

最下行に追記する内容:XXX.XXX.XXX.XXX(IPアドレス) サーバ名

例えば、サーバ名が「TestSrv」で、IPアドレスが「192.168.1.10」の場合は、次のように追記します。※IPアドレスとサーバ名の間は半角スペース

192.168.1.10 TestSrv

これでDNSサーバで名前解決できなくても、hostsファイル内の情報で名前解決ができますので、これでVPN経由でもサーバにアクセス可能となります。

ただし、クライアントPC1台1台にこの設定が必要ですので、その点は注意が必要です。

VPN接続で名前解決する方法③:IPアドレス直打ち

3つ目は、サーバのIPアドレスを直打ちを使った方法です。これは名前解決する方法ではありませんが、VPN経由でサーバにアクセスするための方法の1つとして紹介しておきます。

例えばサーバのIPアドレスが192.168.1.10であれば、エクスプローラのアドレス欄に「\\192.168.1.10」と入力すれば、サーバ内の共有フォルダにアクセスできる

しかしこの方法では、サーバのIPアドレスを変更する場合に、クライアントPCで入力するIPアドレスも変更しなければならないため注意が必要です。

VPN経由だとDNSで名前解決できないまとめ

VPN接続のときに名前解決ができない!という場合の対処法・解決策をおすすめ順に3つ紹介しました!

一番のおすすめはフルコンピュータ名を指定する方法ですので、同じ現象でお困りの方はぜひ試してみてくださいね。

Windows10でこれだけは知っておきたい便利情報

この記事は、Windows10で「これだけは知っておきたい便利な技」から「エラー対処などの困りごと解決」など幅広いカテゴリで使える情報を、1...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする