Windows10でUSBメモリの空き容量があるのにファイルコピーできないときの原因と対処法・解決策

32GBのUSBメモリで、まだ空き容量が十分にあるのに、ファイルコピーができない!エラーメッセージが表示される!と知人から相談を受けました。この問題を解決したときのメモを残します。

えいじまん
とても簡単に解決できました!

コピーできないときに表示されるエラーメッセージ

知人に詳しい現象をヒアリングしてみると、どうも数GB以上の大きなファイルをUSBメモリにコピーしようとしたときに、次のメッセージが表示されるというのです。

「ファイルXXXは大きすぎて、対象のファイルシステムに入りません。」

USBメモリの空き容量があるのにコピーできない原因

エラーメッセージの内容から、USBメモリのファイルシステムが「FAT32」であることが原因だと考えられます。

※FAT32というファイルシステムは、次の特徴があります。

  • 最大32GBまでの記憶媒体をフォーマットできる
  • 記憶する1ファイルの最大容量は約4GBの制限がある

市販されているUSBメモリは容量が32GBまでであれば、通常は「FAT32」でフォーマットされて納品されることが多いです。次の画像は実際に筆者が購入した32GBのUSBメモリの情報です。

つまり、これを知らずにUSBメモリを使用していると1ファイル最大4GBの制限に気づかず、トラブルになりやすいのです。

実際に、4GB以上のファイル(test.zip)をこのUSBメモリにコピーしてみたところ、次のエラーメッセージが表示されました。

ファイルが大きすぎます。

ファイル’test.zip’は大きすぎて、対象のファイルシステムに入りません。

USBメモリの空き容量があるのにコピーできない解決策

この問題を解決するには、ファイルシステムを変更するしかありません。具体的には、ファイルシステムを「FAT32」から「NTFS」に変更します。

エクスプローラ上に表示されているUSBメモリを右クリックするとメニューが表示されますので、その中にある「フォーマット」をクリックします。

すると、次の画面が表示されますので、ファイルシステムを「NTFS」に変更して、「開始」をクリックすると、「NTFS」で再度フォーマットされます。

※ただしUSBメモリ内のデータは全て消えてしまいますのでパソコンに一旦データを退避させておくなどバックアップを取っておいてください。

※実行は自己責任でお願いします。

クイックフォーマットにチェックをいれておくと、フォーマット時間を短縮できます。今回はファイルシステムを「NTFS」にすることが目的ですので、クイックフォーマットで問題ありません。

これで先ほどエラーがでたファイルをコピーすることができました。

Windows10でUSBメモリにコピーできないまとめ

今回は、USBメモリにまだ空き容量があるのに、ファイルコピーができない!エラーメッセージが表示される!ときの対処法・解決策を紹介しました!

ファイルシステムが「FAT32」になっている場合は、「NTFS」に変更することで解決できますので、同じ現象でお悩みの方はぜひ試してみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする