▶ PC購入後にすべき設定13選+BackUp

Windows10 PCのバックアップをUSBに取る方法

2 min
Windows10のバックアップをUSBメモリに取る方法

Windows10 PCのバックアップを取っておきたいんだけど・・・USBに取れるの?

つま

つま

SEパパ

SEパパ

バックアップ容量よりも大きなサイズのUSBメモリ(HDD/SSD)なら大丈夫だよ!

「USBメモリ(HDD/SSD)にバックアップを取るときのサイズ容量の選び方・注意点」と「実際にUSBメモリ(HDD/SSD)にバックアップを取る方法」を紹介しますね!

PCのバックアップをUSBメモリに取れる?

結論は、USBメモリにPCのバックアップを取ることは可能です。ただし、容量と耐久性に注意です。

USBメモリの容量は1GB~2TBまで幅広い

2020年12月現在、USBメモリの容量は1GB~2TB(2,000GB)のラインナップです。しかし、大容量のものは高額(2TBのものは10万円↑)のため、大容量になればなるほどUSB HDDの方がおすすめです。

USBメモリは耐久性がなく紛失しやすい

USBメモリのデメリットは、とても壊れやすく、紛失しやすい点です。特に安価なものは、コネクタ部に少しストレスを与えるだけで、内部の基板が損傷してしまうものもありますので注意が必要です。

バックアップ用USBメモリ容量は32GBで十分?

バックアップの種別によって必要容量が異なる

OS(Windows10)のみであれば、32GBで十分なケースが多いです。しかし、OS+ユーザーデータ(完全バックアップ)の場合は、ほぼ間違いなく32GBでは容量が足りません。

つまり、OSのみバックアップしたいときは、32GBでも可(できたら64GB)ですが、PC全体を完全バックアップしたいときは、お使いのPC容量によって適切なサイズを選ぶ必要があります。

PCの使用容量を確認して適切なサイズを選ぶ

PCの容量は、「Winキー」+「E」押下、エクスプローラー左側の「PC」をクリックで表示される「デバイスとドライブ」領域に表示されるドライブでチェックできます。

下の例の場合は、いまどき珍しくPC全体で112-66=46GBしかありませんので、64GBのUSBメモリがあれば、完全バックアップも取れるということになります。

USBメモリとUSB HDD/SSDはどちらがおすすめ?

OS(Windows10)のみをバックアップしたい場合は、USBメモリでOKです。

PC全体(OS+ユーザーデータ)を完全にバックアップしたい場合は、USB HDD/SSDを選択しましょう。※HDD:低価格・低速・重い、SSD:高価格・高速・軽い

USBにOSをバックアップ(回復ドライブ)

OS(Windows10)のみをバックアップしたい場合は、以下の記事を参考に、回復ドライブを作成します。

USBにOS+ユーザーデータ(システム)をバックアップ

PC全体(OS+ユーザーデータ)を完全にバックアップしたい場合は、以下の記事を参考に、システムイメージ(+システム修復ディスク)を作成します。

Windows10のバックアップをUSBに取る方法まとめ

今回は、「USBメモリ(HDD/SSD)にバックアップを取るときのサイズ容量の選び方・注意点」と「実際にUSBメモリ(HDD/SSD)にバックアップを取る方法」を紹介しました!

OSのみをバックアップする場合は、USBメモリで十分です。

PC全体(OS+ユーザーデータ)をバックアップする場合は、容量が大きくなりますので、USB HDD/SSDがおすすめです。

USBメモリとUSB HDDの使い分け

  • OSのみ:USBメモリで十分
  • PC全体:USB HDD/SSDがおすすめ

この記事が読者様のお役に立てれば幸いです!

SEパパ

SEパパ

外資系IT企業SE職で2児の父ちゃん!職業柄かリサーチ&問題解決が好き。

幅広いジャンルで「お悩み解決」記事を執筆中。月間最高24万PV。雑誌掲載。

読者様に役立つ情報提供を心がけています。

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA