Windows10「スタートアップ」の場所と表示方法|アカウント別設定編

Windows10のユーザーアカウント別の「スタートアップフォルダの場所」と「スタートアップフォルダを簡単に表示する方法」をご紹介します。

きっと同じように悩んだ方がいるはず。Windows7と同様に、Windows10のスタートアップフォルダを探してみたけど、どこにもない。。。なんて方が!ということで、Windows10のスタートアップフォルダの場所は?表示方法は?についてご紹介します。

※ユーザーアカウント別ではなく、すべてのユーザーアカウント共通のスタートアップフォルダでもいいという方や、アプリをスタートアップに登録しても自動起動できない!などの対処法が知りたい方はこちら↓

Windows10起動時にアプリを自動実行する方法を紹介します。Windows10はスタートアップフォルダの場所がわかりづらいため、...

Windows10のスタートアップフォルダ場所の特定

ユーザ(アカウント)毎にスタートアップフォルダの場所が異なります。

スタートアップフォルダパスの構造

スタートアップフォルダの場所は、以下の通り、ユーザ名を含むパスになります。

C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

ここは、「ふ~ん」程度でかまいません。あとでこの場所にアクセスします。

スタートアップフォルダパスに含まれるユーザ名の確認

コントロールパネルを開いて、ユーザーアカウントをクリックします。

※コントロールパネルの開き方がわからない場合は、Windows10でコントロールパネルを簡単に起動する方法をご参照ください。

次に、ユーザーアカウントをクリックします。

すると、ユーザ名が表示されますので、メモしておきます。

スタートアップフォルダパスを特定

先ほどメモしたユーザ名を以下パスの赤字部分に入力します。

C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

つまり、スタートアップフォルダの場所は、以下の通りです。

C:\Users\Eiji\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

このパス(場所)をコピーしておきます。

Windows10のスタートアップフォルダの表示方法

エクスプローラを開いて、下画面の通り、先ほどコピーしたパスをアドレス部分に貼り付けます。

この状態でEnterキーを押下すると、以下のようにスタートアップフォルダが表示されます。

Windows10のスタートアップフォルダまとめ

今回は、Windows10のスタートアップフォルダの場所簡単に表示する方法をご紹介しました。

表示したスタートアップフォルダに、Windows10立ち上げ時に起動したいアプリケーションやツールのショートカットを貼り付けてくださいね!

この記事が皆様のお役に立ちましたら幸いです。

Windows10でこれだけは知っておきたい便利情報

この記事は、Windows10で使える有益な情報をまとめたものです。具体的には、「重い・遅い動作を改善したい!」「エラーや変な動作で...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする