5日連続で2つのAmazonビッグセール開催中!

Windows10の標準バックアップ機能(3種)が優秀!使い方まとめ

3 min
Windows10 PCの標準バックアップ機能(3種類)が優秀!使い方まとめ


「突然のPC故障に備えておきたい・・・」

「でもバックアップってどうやれば・・」

「無償の標準機能でバックアップしたい」

SEパパ

SEパパ

Windows10の標準バックアップ機能は3種類あるのをご存じですか?

実はどの機能も優秀で、バックアップは無償の標準機能だけで十分なのです↓

標準機能バックアップできるデータの概要
バックアップユーザフォルダ(写真・デスクトップファイルなど)
回復ドライブ作成時点のOSイメージのみ ※ユーザフォルダは含まない
システムイメージ作成時点でPC全データ(OSイメージ+ユーザデータ)

※スケジューリング機能で、自動かつ定期的なバックアップも可能

この記事では「バックアップ」→「回復ドライブ」→「システムイメージ」の順で、作成方法・使い方を紹介します。

ただし、バックアップを取ったことがない方は、まず「システムイメージ(+システム修復ディスク)の作成」で完全なバックアップを取っておくことをおすすめします。

ここがポイント

PCのバックアップを一度も取ったことがない方は、すぐに「システムイメージ(+システム修復ディスク)の作成」で完全なバックアップを取っておきましょう!

また、読者様より「Windows10の修復メディアの種類がよくわからない!」という質問を頂きましたので、別記事にまとめました。こちらもぜひ参考にしてくださいね!

SEパパ

SEパパ

突然PCが不調になったとき、バックアップがないと復旧できないケースが多々あります。この記事を参考にしてすぐにバックアップを取っておきましょう!

Windows10標準バックアップ機能の種類は?

冒頭で少し紹介した通り、3種類の機能を備えています。

標準機能バックアップできるデータの概要
バックアップユーザフォルダ(写真・デスクトップファイルなど)
回復ドライブ作成時点のOSイメージのみ ※ユーザフォルダは含まない
システムイメージ作成時点で全データ(OSイメージ+ユーザデータ)

Windows10の標準機能「バックアップ」概要の中にあるユーザーフォルダってどんなフォルダなの?

つま

つま

SEパパ

SEパパ

ユーザーフォルダとは、以下のUsersの下にあるフォルダのことだよ。詳しく説明するね!

ユーザーフォルダの場所「C:\Users\○○○」※○○○はアカウント名

実際にエクスプローラーで開いてみると、下図のように表示されます。

ユーザーフォルダ

標準①「バックアップ」:ファイル/フォルダ単位

まず、ユーザーデータ(ファイル/フォルダ)をバックアップするための機能を紹介します。

SEパパ

SEパパ

標準機能「バックアップ」は、ユーザーフォルダ内のデータ(以下は例)が対象↓

  • 保存したゲーム
  • リンク
  • ダウンロード
  • お気に入り
  • アドレス帳
  • デスクトップ
  • ピクチャ
  • ドキュメント
  • ビデオ
  • ミュージック

※その他、インストール済みのアプリが、ユーザー別のデータをユーザーフォルダ下に保管している場合は、そのデータもバックアップ対象になります。

これらのファイル/フォルダは、日々更新されるものですので、定期的にバックアップを取っておくと安心ですよね。

SEパパ

SEパパ

Windows10の標準機能「バックアップ」でユーザーフォルダをバックアップする方法はこちら↓

標準②「回復ドライブ」:OSイメージ

「回復ドライブ作成」は、Windows10(OS)環境をバックアップするための機能です。

パソコンが起動しないなど、システムに障害が発生したときに役立つのがこの回復ドライブで、リカバリディスクと同じ役割を持っています。

つまり、これを使うと回復ドライブを作成した時点のOS環境に復元できます。

SEパパ

SEパパ

最近のPCはリカバリディスクが付いていないことが多いので、PC購入直後に回復ドライブを作成しておきましょう↓

回復ドライブは、年1回の作成をMicrosoftが推奨しています。

>>> 回復ドライブを作成する – Windows のサポート|Microsoft

標準③「システムイメージ」:完全バックアップ

「システムイメージ作成」機能を使えば、まるっと完全にバックアップすることができます。

まだバックアップを取ったことがない方は、必ず「システムイメージ(+システム修復ディスク)の作成」で完全なバックアップを取っておきましょう!

SEパパ

SEパパ

Windows10標準機能の「システムイメージ作成」で、ファイルとOS環境をまるっとバックアップできます↓

おまけ:定期的に自動バックアップ(スケジューリング)

標準機能を使って、スケジューリング通りに自動バックアップすることもできます。

下図の通り、頻度・曜日・時刻を指定可能で、ファイルだけでなくシステムイメージ(OS環境)までバックアップ設定できる優れものです。

バックアップスケジュール設定
SEパパ

SEパパ

Windows10の標準機能で自動バックアップする方法はこちら↓

Windows10標準バックアップ使い方まとめ

今回は、PCのバックアップを取りたい方向けに、優秀なWindows10標準のバックアップ機能について紹介しました!

標準機能バックアップできるデータの概要
バックアップユーザフォルダ(写真・デスクトップファイルなど)
回復ドライブ作成時点のOSイメージのみ ※ユーザフォルダは含まない
システムイメージ作成時点でPC全データ(OSイメージ+ユーザデータ)

それぞれの使い方詳細は、以下の記事を参考にしてくださいね!

まだバックアップを取ったことがない方は、一度「システムイメージ(+システム修復ディスク)の作成」で完全なバックアップを取っておくことを強くおすすめします。

筆者は、システムイメージ+システム修復ディスクを作成し、日々バックアップをスケジューリングしていますよ。

Windows10の修復メディアの種類がよくわからない!という方はこちらも↓

この記事がバックアップでお悩みの方の参考になれば幸いです!

SEパパ

SEパパ

外資系IT企業SE職で2児の父ちゃん!職業柄かリサーチ&問題解決が好き。幅広いジャンルで「お悩み解決」記事を執筆中。月間最高24万PV。雑誌掲載。

読者様に役立つ情報提供を心がけています。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA