Windows10のインストールディスク/回復ドライブ/システム修復ディスクの違い|各機能を表に整理

今回は、Windows10のパソコンを復旧する際に、よく耳にする次の3点の違いをわかりやすく表に整理してみました!

  • Windows10インストールディスク
  • 回復ドライブ
  • システム修復ディスク

とある記事ではWindows10のインストールディスクを準備してください

別の記事ではシステム修復ディスクを使います

回復ドライブ…

よくわからない!

ということで、いろいろと調べた結果を表にまとめてみました。

Windos10インストールディスクの機能

「Windows10インストール」「システム回復オプション」の2つの機能があります。

Windows10インストールとは、その名の通りWindows10をインストール機能です。

  • ファイル等を引き継ぐアップグレード(上書き・修復)インストール
  • ファイル等を引き継がない新規インストール

また、システム回復オプションでは、次のことができます。

  • システムの復元イメージでシステムを回復
  • スタートアップ修復
  • コマンドプロンプト
  • 以前のビルドに戻す

上か順に簡単に説明しますね。

「システムの復元イメージでシステムを回復」は、事前にとっておいたイメージからシステムを回復する機能です。

「スタートアップ修復」は、スタートアップ関連システムファイルを修復する機能です。

「コマンドプロンプト」は、「sfc /scannow」や「CHKDSK c: /f」などのコマンドを使ってシステムを修復する機能です。

「以前のビルドに戻す」は、ビルドアップしてから異常が発生した場合などに、以前のビルドに戻すことでシステムを修復する機能です。

システム修復ディスクの機能

システム回復オプションの機能があります。

つまり、Windows10インストールディスクからWindows10インストール機能を外したものと同等とお考えください。

回復ドライブの機能

PCを初期状態に戻す機能とシステム回復オプション機能があります。

先にご紹介した2つにはない「PCを初期状態に戻す」機能がありますね。

この機能を使えば、PCを購入した時点の状態に戻ります。

つまり、ハードウェア障害ではない場合、ほぼ間違いなく正常な状態に復旧できる機能です。

※ただしこの機能は、事前に回復ドライブ(USBメモリ)を作成しておく必要があります。PC初期状態のイメージをUSBメモリ内にコピーしておく必要があるということです。

このイメージを使ってPCを初期状態に戻す機能ですね。

また、他の2つにもあったシステム回復オプション機能もあります。

3つの機能の違いをまとめた表

それでは、この3つ(回復ドライブ/システム修復ディスク/インストールディスク)の違いを表にまとめてみます。

項目回復ドライブシステム修復
ディスク
インストール
ディスク
ドライブから回復する××
システムの復元イメージで
システムを回復
スタートアップ修復
コマンドプロンプト
以前のビルドに戻す
標準Windows10
インストール
××
作成できるPC当該PCのみ別PCで作成可別PCで作成可

表で整理してみるとそれぞれの機能がよくわかりますね。

まとめ

今回は、Windows10のパソコンを復旧する際に、よく耳にする「回復ドライブ/システム修復ディスク/インストールディスク」の違いをご紹介しました。

別記事でメディアの作成方法もご紹介していますので是非参考にしてくださいね。

Windows10インストールディスク作成方法>>>「Windows10インストールディスク作成方法|画面付きでわかりやすくご紹介!

この記事がみなさまのお役に立ちましたら幸いです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする