【2021年前半】おすすめノートPC3選

Windows10はリカバリディスクがない?作成方法

2 min
Windows10はリカバリディスクがない?作成方法

PCを買ったんだけど、リカバリディスクが付属されてないみたい。故障した時はどうしたらいいの・・・?

つま

つま

SEパパ

SEパパ

リカバリディスクは無くてOK!実はWindows10上で簡単に作成できるよ!

今回は、同じような内容でお悩みの方向けに、Windows10 PC故障に備えたリカバリディスクの作成方法を紹介します。

スポンサーリンク

Windows10 PCは基本的にリカバリディスクがない

Windows10搭載PCには基本的にリカバリディスクが付属されていません。

これは、Windows10の標準機能でリカバリディスクと同等の機能を持った「回復ドライブ」を作成できるようになったためです。

SEパパ

SEパパ

リカバリディスクがないからといって心配する必要はありませんよ!回復ドライブを作成しておきましょう。

ここがポイント

Windows10搭載PC上で、リカバリディスクと同じ機能を持った回復ドライブを作成できる

リカバリディスクの代わりにUSB回復ドライブを作成

回復ドライブの作成で、USBメモリにOSイメージをバックアップできます。

つまり、PC購入直後(工場出荷直後)に回復ドライブを作成しておけば、これまでWindows7まででお馴染みだったリカバリディスクと同等の役割を果たしてくれます。

作成方法はとても簡単で、画面左下の検索ボックスに「回復ドライブ」と入力してEnterキーを押下すると「回復ドライブ作成ツール」が起動しますので、あとは画面の指示に従って操作するだけです。

リカバリディスク(回復ドライブ)の使い方

リカバリディスク(回復ドライブ)を使って、以下の手順でPCを復旧します。

  1. STEP

    PCをUSBメモリ(回復ドライブ)から起動する

    PC起動時にF〇キー(PCによって異なる)を連打し、ブートデバイスにUSBメモリ(回復ドライブ)を選択して起動します。

  2. STEP

    起動後の画面で「ドライブから回復する」を選択する

    回復ドライブを起動すると、青い画面でオプションの選択画面が表示されますので、その中から「ドライブから回復する」を選択します。

  3. STEP

    「ドライブを完全にクリーンアップする」を選択する

    回復ボタンをクリックすると、Windows10のリカバリが実行されます。

ここがポイント

リカバリディスク(回復ドライブ)を作成しておけば、故障しても工場出荷状態に復旧できる

Windows10のリカバリディスクまとめ

今回は、リカバリディスクがないとお悩みの方向けに、Windows10 PC故障に備えたリカバリディスク(回復ドライブ)の作成方法を紹介しました!

画面左下の検索ボックスに「回復ドライブ」と入力してEnterキーを押下すると「回復ドライブ作成ツール」が起動しますので、あとは画面の指示に従って作成するだけでしたね。

使い方は、USBメモリ(回復ドライブ)から起動し、ドライブを完全にクリーンアップするだけです。簡単に、Windows10を復旧できます。

参考:PCを完全にバックアップする方法

リカバリディスク(回復ドライブ)だと、ファイルやアプリが消えるから嫌だ!完全なバックアップを取っておきたい!という方向けに、完全バックアップする方法も紹介しておきますね。

PC故障時にバックアップがあるのとないのでは大違いですので、今のうちにリカバリディスク(回復ドライブ)か完全バックアップを作成しておきましょう!

スポンサーリンク
SEパパ

SEパパ

外資系IT企業SE職で2児の父ちゃん!職業柄かリサーチ&問題解決が好き。

幅広いジャンルで「お悩み解決」記事を執筆中。月間最高24万PV。雑誌掲載。

読者様に役立つ情報提供を心がけています。

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA