Windows10で超簡単にPingを一括送信する2つの方法・やり方

異常監視などの目的で、複数台のパソコンやサーバーにPingを一括で送信したいときに、どんな方法を使いますか?コマンドプロントがお手軽ですが、繰り返しPingコマンドを実行するのはとても面倒ですよね。

実はとても簡単にこの悩みを解決する方法があります。コンピュータ名(またはIPアドレス)の一覧(リスト)を作るだけで、これらのパソコンにPingを一括送信する方法があります。

Pingを一括で送信するツールを利用

「Exping」というツールを使います。

GUIの操作のみで実行できるため、パソコンに不慣れな方にも、できるだけ効率化したい上級者にもおすすめの方法・やり方です。

次のサイトリンクからExpingをダウンロードできます。>>>「ExPingの詳細情報 : Vector ソフトを探す!

使い方はとても簡単!

ダウンロードしたフォルダの中にあるexeを実行するだけで起動できます(特にインストール操作は不要です)。

起動すると、対象タブに「#—– Expingへようこそ ——# ~~」などの説明文が表示されますので、この説明文を全部削除した後、ここにPingを一括送信したいパソコンのコンピュータ名またはIPアドレスを次のように並べます。

testPC0001
testPC0002
testPC0003
192.168.1.5
192.168.1.6
192.168.1.7
192.168.1.8

※コンピュータ名を記述する場合は、DNSサーバなどで名前解決できる環境であることが前提です。よくわからない場合はとりあえずやってみて、ダメな場合はIPアドレスを記述しましょう。

あとは、F5を押すとPingの一括送信が実行され、その結果がリアルタイムに〇×で表示されます。とてもわかりやすいですね!

Pingを一括で送信するバッチを作成

バッチファイルを使っても簡単にPingを一括送信可能ですね。

ただし、Expingよりも結果の確認がしづらいため、Pingを一括送信する対象が多い場合はおすすめできません。この場合はExpingを使いましょう!

テキストファイルを新規作成して、その中に以下のように記述します。

ping testPC0001
ping testPC0002
ping testPC0003
ping 192.168.1.5
ping 192.168.1.6
ping 192.168.1.7
ping 192.168.1.8
pause

※コンピュータ名やIPアドレスは実際にPingを一括送信したい対象のものに書き替えてください。

Pingを一括で送信する方法まとめ

今回は、コンピュータ名(またはIPアドレス)の一覧(リスト)を作るだけで、これらのパソコンにPingを一括送信する方法を紹介しました!

対象のパソコン・サーバーが多い場合は、Expingをおすすめしますが、少ない場合はお手軽なバッチファイルでも構いません。

この記事が、同じ悩みを持つ方の参考になれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする