Windows10でPDFファイルがEdgeで開けない場合の対処法・解決策

windows10 pdf

Windows10のデフォルト設定では、PDFファイルを開くためのアプリとして、Microsoft Edgeブラウザが関連づけられています。

つまり、何も考えずにPDFをダブルクリックすると、Edgeブラウザ上にPDFの内容が表示される、ということです。

えいじまん
PDFがEdgeで開かれると何が問題なの?

基本的に問題はないのですが、EdgeでPDFファイルを開くと、たまにEdgeが真っ白画面のまま固まることがあります。

これを簡単に解決する方法を紹介します。

Windows10はEdgeでPDFが開かれる?

Windows10上でPDFファイルのプロパティ画面を開くと、Edgeが関連づけられているのがわかります(下の画像)。

画像下部の「プログラム」の右に表示されている内容を確認すると、Microsoft Edgeと表示されています。これは、PDFファイルを開くためのプログラムとして、Microsoft Edgeが関連付けられているということです。

Windows10でPDFが開けない現象

PDFファイルをダブルクリックして開こうとすると、下図のようにEdgeが真っ白画面のまま固まり、PDFファイルが開けないことがあります。

こうなってしまうと、このままEdgeを強制終了するしかない状況です。

Windows10でPDFを開くアプリをAdobeに変更

Windows10でPDFを開くためのプログラムをAdobeに変更するとこのような表示になります。

まず、「Adobe Acrobat Reader DC ダウンロードサイト」にアクセスします。

次に、画面右下の「今すぐインストール」をクリックしてインストーラをダウンロードします。※このとき、画面中央の提供オプション2つのチェック(McAfee関係)を外すことを忘れないようにしてください。

最後は、ダウンロードしたインストーラーを実行してAdobe Acrobat Reader DCをインストールします。

これで、PDFファイルを開くアプリの紐づけがAdobeに変更されます。※もし変更されない場合は、PDFファイルの「プロパティ」→「プログラム右の変更ボタン」をクリックして、Edge→Adobeに変更してください。

Windows10でPDFが開けない対処まとめ

今回は、EdgeでPDFファイルを開いたときに、真っ白画面のまま固まってしまう場合の対処法・解決策を紹介しました!

Windows10にAdobe Acrobat Reader DCをインストールして、PDFファイルを開くプログラムをEdge→Adobeに変更するだけです。

同じ現象でお困りの方は、簡単にできますので、ぜひ試してみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする