Windows10が重い!ときの対策手順⑤「システムの復元」

今回は「Windows10の動作が重い!順番に試したい11の手順・解決策(実例3選付き)」の対策手順⑤についてわかりやすく画面付きで詳しくご紹介します。

対策手順⑤ではWindowsシステム(更新プログラム、ドライバ、アプリなど)に着目します。

アプリ、システムやドライバのアップデートは、Windows10が重い状態になる要因の一つです。

Windowsシステムを以前の正常だったときの状態に戻すことで、重い状態を解消します。

※暗号化ソフトを導入している場合は注意が必要です。
※正常なファイルも復元ポイント時点に戻ります。
※実施の際は自己責任でお願いします。

システムの復元

復元ポイントの選択

検索ボックスに「復元ポイント」と入力後、「復元ポイントの作成」をクリックします。

「システムの復元」をクリックします。

影響を受けるプログラムの検出

復元ポイントを選んだあと、「影響を受けるプログラムの検出」をクリックし、システムの復元をして問題がないかを確認します。

システム復元実行

問題がなければ、次へをクリックしてシステムの復元を実行します。この後、Windows10の動作が速くなるかを確認します。

動作確認

システムの復元後、Windows10が重い(遅い)状態が解消されたかを確認します。

Windows10が重い(遅い)状態が改善されない場合

対策手順⑥に進みます。

今回は「Windows10の動作が重い!順番に試したい11の手順・解決策(実例3選付き)」の対策手順⑥についてわかりやすく画面付きで詳しくご...

まとめ

今回はWindows10が重い(遅い)ときの対策手順①~⑪の中の⑤について、ご紹介しました!

その他の対策内容①~④、⑥~⑪は「Windows10の動作が重い!順番に試したい11の手順・解決策(実例3選付き)」をご参照ください。

全ての手順を順番通りに実行すれば(ハードウェア障害が原因の場合を除く)ほとんどのケースでWindows10が重い(遅い)状態が解消されますので、ぜひお試しくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする