Windows10のパソコンでスクショ(スクリーンショット)する方法

パソコン画面スクショ

とても簡単な操作で、Windows10搭載パソコンでスクショ(スクリーンショット)する方法・やり方を紹介します。

パソコン画面をスクショできない!もっと簡単にスクショする方法はないの!?という方は是非参考にしてくださいね!

えいじまん
だれでも簡単にスクショできる方法を紹介します!

Windows10パソコンでスクショできない場合

Windows10のパソコンはキーボードのPrtScキーを押すとスクショ(画面イメージをクリップボードにコピー)できますが、パソコン画面全体もしくはウインドウ単位でしかスクショできません。しかも、パソコンのキーボードによってはFnキーを押さないとPrtScキーが効かないものもありますので、操作がわからなくてスクショできない、という問題もよく発生します。

Windows10のパソコンでスクショできない、スクショしたはずなのに貼り付けできないというときの原因の多くは、キーボード操作の問題です。 ...

また、その他のスクショ方法として、Windows10のパソコンには標準で「Snipping Tool」というスクショ用アプリがインストールされていますが、あまり使い勝手が良いものではありません。

ということで、パソコン画面のスクショができないという場合は、だれでも簡単にスクショができるように作られた「Rapture」や「Screenpresso」などの専用アプリを使うべきです。

単純にパソコン画面を切り取りたいだけの場合は「Rapture」、切り取った画像を編集したい場合は「Screenpresso」がおすすめです。スクショだけなら「Rapture」の方がはるかに簡単ですので、本記事ではこのアプリを中心にスクショ方法を紹介していきます。

Windows10パソコンでスクショの仕方・やり方

前項で紹介したスクショ専用アプリを使います。今回はパソコン画面の好きな部分を切り取ることに特化した「Rapture」アプリを紹介します。

ちなみに筆者はプライベートでもビジネスでもこのスクショアプリを使いまくりです。それくらい便利ですね。

それでは、「Rapture」を使ったパソコン画面のスクショの仕方・やり方の概要を説明します。例えば、パソコン画面から下図の赤枠部分だけを切り取りたいとします。

「Rapture」アプリを起動した状態で、赤枠の左上をマウスでつかみ、右下までひっぱると下図のようになります。この状態でCtrlCを押下します。

Wordなどを立ち上げて、CtrlVを押すと下図のように先ほど切り取ったパソコン画面のスクショ画像が張り付きます。

とても簡単にパソコン画面の一部をスクショ(スクリーンショット)することができました。さらに、この切り取った画面イメージは、指定フォルダ内に画像ファイルとして保存することができます。フォルダの設定さえしておけば、「Rapture」で画面をスクショしたタイミングで自動保存も可能です。

パソコン画面スクショアプリ「Rapture」の詳細はこちら↓

パソコン画面の一部を切り取り、クリップボードにコピーする超絶便利なソフトをご紹介します!おにぎりのアイコンが特徴的ですね。...

Windows10パソコンでスクショを印刷する方法

「Rapture」でスクショしたパソコン画面をそのまま印刷する方法です。

先ほどと同様に下図のように「Rapture」でパソコン画面を切り取った後、その上で右クリック→ファイル→印刷の順にクリックします。

※ちなみにこの画像は「Screenpresso」でスクショ&編集したものです。

これだけの操作で印刷画面が立ち上がりますので、印刷するプリンタ等を選択して印刷を実行してください。

Windows10パソコンでスクショを保存する方法

「Rapture」でスクショしたパソコン画面を画像ファイルとして保存する方法です。

今回は「パソコン画面の一部を切り取りキャプチャする超便利ソフト「Rapture」の紹介 ~導入編~」で紹介したRaptureでキャプチャした...

Windows10パソコンのスクショまとめ

今回は、とても簡単な操作で、Windows10搭載パソコンでスクショ(スクリーンショット)する方法・やり方を紹介しました!

簡単にまとめると、スクショ専用のアプリを使ってスクショすればとても簡単で便利、単純にパソコン画面を切り取りたいだけの場合は「Rapture」、切り取った画像を編集したい場合は「Screenpresso」を使いましょう。※「Screenpresso」の詳細は別記事でまとめる予定です。

この記事が、パソコン画面のスクショの仕方がわからない、スクショできないという方々の参考になれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする