Windows10パソコン買い替え時のデータ移行方法まとめ

Windows10のパソコンを買い替えたら、まず現パソコンから新パソコンにデータを移行する必要がありますよね。

具体的にどのデータをどうやって移行したらよいのか、その方法をまとめて紹介します。

えいじまん
早くデータ移行して快適に新パソコンを使いましょう♪

パソコンのデータ移行に必要なUSBを準備

新しく購入したパソコンに現パソコンのデータを移行するためには、一旦データを外付けのUSB記憶媒体などに保存・バックアップする必要があります。

USB記憶媒体とは「USB HDD」や「USB メモリ」のことです。

USB メモリで十分なケース

移行するデータのサイズが64GB未満であれば、バックアップ用の記憶媒体としてUSBメモリがおすすめです。

2019年1月現在、64GBであれば送料無料で1,000円台で購入できます。

USB HDDが必要なケース

移行するデータのサイズが大容量の場合は、USB HDDを購入しましょう。

2019年1月現在、1TB(1,000GB)程度であれば送料無料で6,000円台で購入できます。

現パソコンから移行するデータをUSBに保存

パソコンを買い替えたときは、まず新しいパソコンに移行するデータをUSB記憶媒体(HDD,メモリ)に保存・バックアップします。

移行するデータは主にWindowsログオンアカウント名フォルダの1箇所です。

ユーザーフォルダ下のアカウント名フォルダ

アカウントフォルダの場所は、Cドライブの下にあるUsersフォルダの下にあります。

C:\Users\〇〇〇 ※○○○はアカウント名

実際にエクスプローラーで開いてみると、下図のように表示されます。

このフォルダを丸ごと外付けUSB記憶媒体(HDD,メモリ)に保存します。

なぜこのフォルダを保存するのか?を説明するために、この中にどのようなデータが保管されているかを簡単に説明します。

  • お気に入り…IEなどのブラウザで登録したお気に入りデータ
  • ダウンロード…WEBからダウンロードしたファイル
  • デスクトップ…デスクトップに置いたファイル
  • ドキュメント…設定次第ではWord,Excelなどのファイル
  • ピクチャ…画像ファイル
  • ビデオ…動画ファイル
  • ミュージック…iTunesなどの音楽ファイル

Windowsにログオンするアカウント別にフォルダが分けられています。

ログオン時に保存したデータのほとんどがこのフォルダに格納されます。例えば、よくデスクトップにファイルを作成して保存しますよね?これもログオンしているアカウント名フォルダ下のデスクトップフォルダに保存されます。

つまり、このアカウント名フォルダを丸ごと保存・バックアップしておけばOKということです。

ただし、意識的にアカウント名フォルダ以外(例えばCドライブ直下など)にデータを保存している場合は、このデータも保存・バックアップを忘れないようにしましょう。

あとは、USB記憶媒体(HDD,メモリ)に保存したデータを新パソコンで作成するアカウント名フォルダ内に移行すればOKです。

※アカウント名フォルダは、アカウントを作成したときに自動的に作成されます。

現パソコンからiTunesデータ移行

iTunesデータも先ほど保存したアカウントフォルダ内に保管されています。

C:\Users\○○○\Music\iTunes ※○○○はアカウント名

実際にエクスプローラーで開いてみると、下図のように表示されます。

このiTunesデータを新パソコンに移行する方法はこちらのサイトにわかりやすく記載されています。

新しいPCにiTunesのデータを移行する手順-初心者にも分かるiPhoneの使い方

現パソコンからOutlookデータ移行

現パソコンでOutlookを起動し、必要ファイルをUSB記憶媒体(HDD,メモリ)に保存(エクスポート)したあと、新パソコン側でデータをインポートする必要があります。

[Outlook]Outlookのデータ移行方法 – よくあるご質問(FAQ) – 大塚商会

現パソコンからデータ移行ソフトで引越し

Windows10ではWindows7のときに使えた「Windows転送ツール」が使えません。

ソフトでデータ移行をする場合は、Microsoft純正ではなくサードパーティ製のソフトを使う必要があります。

ただし不要なゴミデータまで全て移行されてしまう可能性がありますし、正しく移行されたかの検証が面倒なので、私はデータ移行ソフトを利用しません。

既に紹介したファイルデータの移行と各ソフト(iTunes, Outlookなど)を移行すればOKですので、パソコンを買い替えたこの機会に不要なデータを整理して必要なデータのみを新パソコンに移行すればスッキリできておすすめです。

パソコン買い替え時のデータ移行まとめ

今回は、Windows10のパソコンを買い替えたときに、現パソコンから新パソコンにデータ移行する方法を紹介しました!

現パソコンのデータを一旦保存する外付けUSB記憶媒体(HDD,メモリ)が必要ですが、最近は大容量でもかなり安く手に入りますし、データ移行以外でも活用できますので、これを機に購入しておきましょう。

移行するデータが少なければ「USB メモリ」、移行するデータの量が多ければ「USB HDD」を選びます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする