本日の購入で楽天ポイント最大7倍還元中!

Windows10のメモ帳アプリの開き方・使い方まとめ

4 min
Windows10 メモ帳 開き方

 

「メモ帳はどこ?見つからない・・・」

「簡単な開き方を教えてほしい・・・」

「どうして文字化けするの・・・」

 

こんな内容でよく知人から問い合わせがあります。

知人
メモ帳どこ・・・

 

同じようなことでお悩みの方向けに、メモ帳の開き方・使い方について紹介します。

 

メモ帳がない?場所はどこ?

メモ帳アプリの正式名称は「notepad.exe」で、以下の場所にあります。

C:\Windows\System32\notepad.exe

 

このPathをエクスプローラーのアドレス欄に入力すると、次のように表示されます。

 

また、ユーザーフォルダの下にはnotepad.exeのショートカットがあります。

C:\Users\[ユーザ名]\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Accessories

※[ユーザ名]は、C:\Users の下にあるフォルダ名です。

 

このPathをエクスプローラーのアドレス欄に入力すると、次のようにメモ帳のショートカットが表示されます。

 

メモ帳の開き方(おすすめ順)

えいじまん
メモ帳の開き方をおすすめ順に紹介します↓

 

タスクバーのショートカットから開く

この開き方が圧倒的に楽で簡単です。

  1. 画面左下の検索ボックスに「メモ」または「notepad」と入力
  2. メモ帳を右クリックしてタスクバーにピン留め

 

すると、タスクバーにメモ帳が表示されます。

 

これを1クリックするだけでメモ帳を開くことができます。

えいじまん
筆者はいつもこの方法で開いていますよ

 

検索ボックスから開く

画面左下の検索ボックスに「メモ」または「notepad」と入力してEnterキーを押します。

 

タスクバーにメモ帳を配置するスペースがないときはこの方法がおすすめです。

 

スタートメニューのショートカットから開く

  1. 画面左下の検索ボックスに「メモ」または「notepad」と入力
  2. メモ帳を右クリックしてスタートにピン留め

 

すると、メモ帳がスタートメニューに表示されます。

 

このメモ帳アイコンをクリックするだけで起動することができます。

 

デスクトップのショートカットから開く

1つ前で作成したスタートメニューのメモ帳アイコンをクリックしてドラッグし、デスクトップ上でドロップします。

 

すると、デスクトップにメモ帳のアイコンが作成されます。これをクリックすればメモ帳を開けます。

 

しかし、筆者はあまりこの方法をおすすめしません。理由は、デスクトップがアイコンで溢れかえるからです。

また、デスクトップ上のメモ帳をクリックするためには、一旦作業中のウインドウを最小化する必要があるためとても作業性が悪いですね。

ということで、ぜひタスクバーに表示してみてください。

 

アクセサリの中から探して開く

このWindowsアクセサリは、スタートメニューからアクセスすることができます。

Windowsキーを押下すると、次の図のように、メニューが表示されますので、その中から「Windows アクセサリ」を探します。

その中にメモ帳があります。

 

CLanuchアプリで開く

もしどうしてもタスクバーが嫌だ!という場合は、CLanuchというアプリを使っても簡単にメモ帳を開くことができますよ。

使い方はこちらから↓

Windows10 便利ツール CLaunch
アプリをもっと簡単に起動したい!ファイルやフォルダもわざわざエクスプローラー開いて探すのが面倒だ!何か良いツールないの? なんて状況ではないでしょうか? そんな方のため

 

メモ帳の基本的な使い方

置換する(よく使う)

Ctrl+Hを押す、もしくは 編集 → 置換 をクリックすると、以下の画面が表示されます。

「検索する文字列」と「置換後の文字列」を入力して「すべて置換」をクリックすると、

 

3行目の「うううう」が「ああああ」に置き換わりました。

 

右端で折り返す設定にする

書式 → 右端で折り返す をクリックしてチェックを入れます。

もしこれをしないと、1行の文字数が長い場合に見切れてしまいます。

 

文字数をカウントする

メモ帳自体に文字数をカウントする機能はありません。

HiTextCounter アプリを使いましょう!

 

Microsoftのスレッドでもこのアプリがおすすめされています↓

>>> メモ帳に書いた文字数を調べたい – Microsoft

※このリンク先に、アプリのダウンロードから使い方まで詳しく記載あり

 

文字コードを変更する

ファイル → 開く をクリックします。

画面の下部の「文字コード」をクリック →「UTF-8」を選べば、文字コード「UTF-8」で選択したファイルを開くことができます。

 

メモ帳を保存する

Ctrl+S、もしくは、画面上のファイル → 上書き保存/名前を付けて保存 をクリックすれば、メモ帳を保存することができます。

 

 

メモ帳のよくある問い合わせと対処法

えいじまん
よく知人から聞かれるトラブルをまとめました↓

 

メモ帳が表示されない

知人
メモ帳を開いても画面に表示されない・・・

実は画面外にメモ帳が表示されていました。解決策↓

ウインドウを開くと、なぜか画面外に消える・・・ タスクバーにはいるけど、画面内に表示されない・・・ とお悩みの方向けに、画面外に消えたウインドウを戻す方法を

 

文字化けする

メモ帳を開いて中身が文字化けしてしまうときは、文字コードが合っていない可能性が高いです。

つまり適切な文字コードでファイルを開きなおせば解決できます。

よくわからない場合は、↑で紹介した「UTF-8」で開きなおしてみましょう!

 

メモ帳が重い

予測入力を使用するをオフ

予測変換機能をオフにすることで、重い状態が解消されるケースがあります。

タスクバー「あ」もしくは「A」を右クリック → プロパティ をクリックします。

 

以下の画面が開きますので、予測入力を使用するをクリックしてチェックを外します。

 

一般的な重い遅いときの対処法を試す

予測変換をオフしても重い状態が解消されない場合は、更新プログラム適用など、Windows10が重い遅いときの一般的な対処法を試します。

Windows10 PCが重い原因|順番に試したい13の改善手順・対処法
「Windows10が急に重くなった・・・」 「再起動しても軽くならない・・・」 「改善のやり方・対処法が知りたい・・・」 今回はパソコン初心者の方向けに、重く

 

メモ帳の開き方・使い方まとめ

今回は、メモ帳の場所や使い方・開き方を紹介しました!

開き方で一番簡単な方法は、検索ボックスにnotepadと入力して、表示されるメモ帳を右クリック→タスクバーにピン留めすることです。

そうすれば、タスクバーに表示されるメモ帳のアイコンを1クリックすることで、簡単にメモ帳を開くことができます。

えいじまん
メモ帳をタスクバーから開くのがおすすめ

また、使い方やよく受ける問い合わせの対処法・解決策も紹介しましたので、合わせて参考にしてくださいね。

SEパパ

SEパパ

外資系IT企業SE職で2児の父ちゃん!職業柄かリサーチ&問題解決が好き。幅広いジャンルで「お悩み解決」記事を執筆中。月間最高24万PV。雑誌掲載。

読者様に役立つ情報提供を心がけています。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA