Windows10でローカルアカウントに管理者権限を付与する方法

1 min
Windows10でローカルアカウントに管理者権限を付与する方法

権限がないってエラーが出るから、ローカルユーザーアカウントに管理者権限を付与したいんだけど、どうしたらいいの・・・?

つま

つま

SEパパ

SEパパ

Windows10の設定をいじるときは、Administrator権限が必要だからね。簡単に付与できるよ!手順を紹介するね。

今回は、同じような内容でお悩みの方向けに、ローカルユーザーアカウントに管理者権限を付与する方法を紹介します。

まずローカルアカウントを作成しよう

まだローカルアカウントを作成していない場合は、まず管理者権限を付与するローカルアカウントを作成しましょう。

ローカルアカウントに管理者権限を与える

  1. STEP

    コンピューターの管理画面を開く

    1. 画面左下のスタートボタンを右クリック
    2. コンピューターの管理をクリック

  2. STEP

    ローカルアカウントをAdministratorsグループに追加

    1. ローカルユーザーとグループをクリック
    2. ユーザーをクリック
    3. 管理者権限を付与したいローカルユーザーアカウントをダブルクリック
    4. 追加→詳細設定→検索をクリックしてグループを検索
    5. Administratorsをダブルクリック

SEパパ

SEパパ

これでローカルユーザーアカウントに管理者権限を付与する手順は完了です。とても簡単でしたね!

ローカルアカウントの管理者権限まとめ

今回は、ローカルユーザーアカウントに管理者権限を付与する方法を紹介しました!

「コンピュータの管理」画面上で、管理者権限を付与したいローカルユーザーアカウントを選択し、Administratorsグループに追加するだけです。

この記事で紹介している手順をすべて実行した後は、PCを再起動して、Windows10の設定変更など、管理者権限が必要な操作ができるか試してみてくださいね。

SEパパ

SEパパ

外資系IT企業SE職で2児の父ちゃん!職業柄かリサーチ&問題解決が好き。幅広いジャンルで「お悩み解決」記事を執筆中。月間最高24万PV。雑誌掲載。

読者様に役立つ情報提供を心がけています。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA