Windows10インストールディスク作成方法|画面付きでわかりやすくご紹介!

今回はWindows10のインストールディスクを「Media Creation Tool」を使って作成する方法をご紹介します。

Windows10が起動しない!ときや調子が悪い!なんてときに、使うことになるかもしれませんので、事前に作成しておくと便利ですね!

この記事では、そんなWindows10インストールディスクの作成方法を画面付きでわかりやすくご紹介します。

Windows10インストールディスクとは

Windows10インストールディスクといえば、「Windows10そのものをインストールする機能」「システム回復オプション機能」をもっています。

Windows10インストール?回復オプション!?

という方は、「Windows10のインストールディスク/回復ドライブ/システム修復ディスクの違い|各機能を表に整理」をみてくださいね!

簡単にいうと、破損したシステムファイルを修復したり、過去の状態に戻すことでシステムを修復することができます。

インストールディスク作成ツールダウンロード

MicrosoftのWindows メディア作成ツールダウンロードページ「Media Creation Tool」をダウンロードします。

Windows10インストール用ISOファイル作成

ダウンロードした「Media Creation Tool」を実行します。

「同意する」をクリックします。

「別のPCのインストールメディアを作成する」にチェックを入れて、「次へ」をクリックします。

「次へ」をクリックします。

今回はDVDでインストールディスクを作成しますので、「ISOファイル」にチェックを入れて、「次へ」をクリックします。

進捗状況が表示されますので、100%になるまで待ちます。

進捗が100%になったらISOファイル作成完了です。

DVDにWindows10用ISOファイル書き込み

DVDドライブにDVDをセットします。

次に「DVD書き込み用ドライブを開く」をクリックします。

「書き込み」をクリックします。

進捗状況が表示されますの100%になるまで待ちます。

書き込み完了後に「閉じる」をクリックします。

「完了」をクリックします。

これでWindows10インストールディスクの作成は完了です。

まとめ

今回はWindows10のインストールディスクを「Media Creation Tool」を使って作成する方法をご紹介しました!

DVDの方が価格面や保管面で便利なので、DVDで説明しましたが、USBメモリで作成しても構いません!

その他、いろいろとご都合があると思われますので、ご自身にあったメディアに作成してくださいね。

  • DVDだと家に在庫がある可能性が高いが、USBメモリだとおそらく専用で1つ購入することになる
  • 最近の薄型ノートPCの場合、外付DVDドライブが必要になる(でも不便なので別の理由で1台は持っている可能性が高い)

など

この記事がみなさまのお役に立ちましたら幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする