Windows10起動前にハードウェア診断を実行する方法 |PCメーカ別に紹介

Windows10が起動しない場合、まず実施すべきは、ハードウェア診断です。

※ハードウェア:電源・ファン・メモリ・HDDなど

少しググってみると、Windows10が起動しない場合の対処法として、「システム復元」「パソコンを初期状態に戻す」などが目に付きます。

しかし!これらの対処法が有効なのは、ハードウェアに障害が発生していない場合のみです。

ハードウェアが異常な状態では、その上で動作するソフトウェアをいくら修復しても、Windows10が再び起動することはありません。

つまりWindows10が起動しない場合、まずハードウェア診断を実施する必要があります。

そしてハードウェア診断の結果、ハードウェアに異常があると診断された場合、ハードウェアの修理を実施します。

まずこれをしなければ、Windows10が起動しない問題は解決しません。

今回は、Windows10が起動しない場合にまず試す必要があるパソコンのハードウェア診断について、パソコンメーカ別にその方法をご紹介します。

ハードウェア診断①Lenovo

「Lenovo Diagnostics」を使います。

電源ボタンを押した後に、F10連打でこれを起動します。

操作方法>>>「パソコンの診断方法(Windowsが起動しない場合) – Lenovo Support

ハードウェア診断②富士通

次のどちらかの方法で起動メニューを表示します。

  • 電源ボタンを押した後に、F12キーを連打する
  • サポート(Support)ボタン押下で電源を入れる

起動メニューの中から診断プログラム(Diagnostic Program)を選んでエンターキーを押し、ハードウェア診断を起動します。

操作方法>>>「診断プログラムを実行する方法を教えてください。(2015年9月・10月・12月発表モデル以降)

ハードウェア診断③HP

電源ボタンを押した後に、ESCキーを連打して画面が切り替わったら、F2キーを押してハードウェア診断を起動します。

操作方法>>>「HP PC Hardware Diagnostics | 日本HP

※リンク先、ページ中部にある「Windowsが起動しない〜」を参照してください。

ハードウェア診断④DELL

電源ボタンを押した後、F12キーを連打してハードウェア診断を起動します。

操作方法>>>「内蔵およびオンライン診断(ePSAまたはPSAエラーコード)を使用してハードウェアの問題を解決する方法

※リンク先、画面中部にある「内臓診断の起動方法」をクリックして詳細を参照してください。

ハードウェア診断⑤パナソニック

「PC-Diagnosticユーティリティ」を使います。

機種によって起動方法がバラバラですので、詳細は次を参照してください。

詳細>>>「PC-Diagnosticユーティリティ起動手順 | パナソニック パソコンサポート

ハードウェア診断結果がNGの場合

パソコンを購入した店舗に修理依頼をします。

これが一番手っ取り早い。

保証期間内であれば、無料でハードウェアを修理できます。

まずはパソコンを購入した店舗に問い合わせましょう!

ハードウェア診断結果がOKの場合

ハードウェア診断で異常が診られない場合、ソフトウェアに問題があります。

この場合はWindows10を「システムの復元」「パソコンを初期状態に戻す」ことで修復します。

Windows10が起動しないため、外部メディア(USBメモリ回復ドライブ、システム修復ディスクまたはWindows10インストールディスク)でパソコンを起動します。

修復方法は別記事でご紹介します。

まとめ

今回はWindows10が起動しない場合に、まず試す必要があるパソコンのハードウェア診断についてご紹介しました!

ハードウェアに異常がある場合、まずハードウェアを修理する必要がある

この記事では、パソコンメーカ別にハードウェア診断機能の実行方法をご紹介しておりますので、お使いのパソコンにあった方法でお試しくださいね!

この記事がみなさまのお役に立ちましたら幸いです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする