Windows10がフリーズする4つの原因と対処法・解決策

Windows10フリーズ原因

Windows10が起動した後にフリーズする場合に考えられる4つの原因とその対処法をご紹介します。

ある日、突然パソコンがフリーズ!!

なんてことも珍しくはありません。

そこで今回は、何が原因でフリーズするのか?原因の特定方法と対処法は?についてメモします。

関連記事 Windows10が固まるフリーズ!安全に再起動する4つの方法

Windows10の主なフリーズ原因は4つ

Windows10が正常に起動した後にフリーズする場合は、「周辺機器」か「何らかのソフトウェア(アプリケーションやドライバ、サービス)」が原因になっている可能性が高いです。

主なフリーズの原因は次の4つです。

  • 周辺機器の故障
  • パソコンPC内部部品故障
  • システムファイル破損
  • その他システム以外のドライバ、サービス、アプリケーションの影響

1つ目の周辺機器が故障した場合は、故障した機器を制御するドライバが不安定な動作をしてWindows10の動作に影響を与えることがあります。

2つ目のパソコンPC内部部品の故障は、例えばHDDなどの消耗品が故障すると、当然Windowsの動作に支障がでます。

3つ目のWindows Update(更新プログラム適用)に失敗するなどしてシステムファイルが破損した場合にも、Windows10の動作が不安定になることがあります。

4つ目にパソコン購入後にインストールしたアプリケーションやドライバが原因になることもあります。

これらが原因となってWindows10がフリーズします。

ということで、まず最初にすべきことはフリーズの原因となっているものは何か!?を特定することです。

次の手順で原因を特定していきます。

フリーズ原因特定と4つの対処法

周辺機器の故障?

まず現在接続している周辺機器を取り外して、フリーズが発生するかを確認します。

周辺機器とは、例えば…

  • 拡張ディスプレイ
  • USB Type-C変換器
  • USBメモリ・SDカード
  • マウス・キーボード

などですね。

周辺機器を取り外してフリーズが発生しなくなった場合は、取り外した機器が原因だったということになります。

原因の周辺機器が明らかに故障ではない場合は、最新ドライバをインストールした後、再び取り外した機器を接続して、フリーズが発生するかを確認します。

ドライバを最新にしてもフリーズが発生する場合は、周辺機器を買い替える必要があります。

パソコンPC内部部品の故障?

パソコンPC内部部品(ハードウェア)に障害が発生しているかどうかは、パソコンに搭載されている自己診断機能を利用します。

パソコンメーカー別に自己診断機能の起動方法や操作方法が異なります。

詳細はこちら↓

Windows10が起動しない場合、まず実施すべきは、ハードウェア診断です。 ※ハードウェア:電源・ファン・メモリ・HDDなど ...

ハードウェアに障害が発生している場合は、基本的に障害が発生している部品を交換する必要があります。

パソコンPC購入店にすぐに連絡しましょう!保証期間内で無償交換できるかもしれません。

システムファイル破損?

セーフモードで起動してフリーズが発生するかを確認します。

セーフモードとは、Windows10を起動して動作させるために必要最低限のドライバのみが読み込まれるモードです。

例えば、グラフィックドライバの場合、メーカから提供される専用ドライバではなく、Windows10に標準搭載されているドライバが読み込まれます。

※解像度が低くなり、画面の文字やアイコンサイズが大きくなります。

Windows10が動作するために必要最低限のドライバしか動作しないモードをセーフモードと呼びます。

つまり、このセーフモードでフリーズしない場合は、セーフモードでは動かないドライバやアプリケーション・サービスが原因だと切り分けることができるのです。

Windows10をセーフモードで起動する方法はこちら↓

Windows10ではどうやってセーフモードを起動したらいいの?なぜF8で起動できなくなったの?なんて方向け...

セーフモードではフリーズしない!という場合は、次項の「その他のソフトが影響?」に移動します。

セーフモードでもフリーズする!という場合は、Windows10のシステムファイルが破損している可能性があります。この場合はシステムファイル修復を実施します。

システムファイル修復方法はこちら↓

今回は「Windows10の動作が重い!順番に試したい11の手順・解決策(実例3選付き)」の対策手順⑧についてわかりやすく画面付きで詳しくご...

これでダメな場合は、「システムの復元」や「パソコンの初期化」を実施することになります。

関連記事 Windows10が重い!ときの対策手順⑤「システムの復元」

関連記事 Windows10が重い!ときの対策手順⑪「パソコンの初期化」

その他のソフトが影響?

システムファイル以外のソフトウェア(アプリケーション・ドライバ・サービス)が影響で、フリーズしているかを確認します。

周辺機器でもない、セーフモードでもフリーズしない場合は、セーフモードでは動作しないソフトウェア(ドライバやアプリケーション・サービス)が原因です。

Windows10起動時のスタートアッププログラムに登録されているソフトウェアを停止することでフリーズを解消します。

原因となっているソフトウェアを特定できれば、フリーズを解消することができます。

このためには、フリーズの原因になっていそうなソフトウェアを一時的に停止してWindows10を起動していきます。

例えば、スタートアッププログラムに登録されている「iTunesHelper」を無効にします。

もしこれでフリーズが発生しなくなった場合は、「iTunesHelper」が原因だったということになります。フリーズが発生しなくなるまでスタートアッププログラムをとめていきます。

Windows10起動時に立ち上がるソフトウェア(スタートアッププログラム)を無効にする方法はこちら↓

今回は「Windows10の動作が重い!順番に試したい11の手順・解決策(実例3選付き)」の対策手順⑥についてわかりやすく画面付きで詳しくご...

これでもフリーズが解決しない場合は、クリーンブートでさらに細かくソフトウェアを停止する必要があります。

参考 Windows でクリーン ブートを実行する方法 – Microsoft Support

または、「システムの復元」や「パソコンの初期化」をすることになります。

関連記事 Windows10が重い!ときの対策手順⑤「システムの復元」

関連記事 Windows10が重い!ときの対策手順⑪「パソコンの初期化」

こちらの方が手っ取り早くて確実ですが、一部データが消える可能性がありますので注意が必要です。

フリーズ原因と対策まとめ

今回はWindows10起動後にフリーズが発生するときの原因と対処法・解決策をご紹介しました!

まず、次のどれが原因なのかを切り分けます。

  • 周辺機器の故障
  • パソコンPC内部部品故障
  • システムファイル破損
  • その他システム以外のドライバ、サービス、アプリケーションの影響

原因の特定と解決方法は次の通りですね。

  • 周辺機器を外すと発生しない ⇒ ドライバを最新に・機器交換
  • ハードウェア自己診断で障害検知 ⇒ 部品交換
  • セーフモードでも発生する場合 ⇒ システム修復
  • セーフモードでは発生しない場合 ⇒ スタートアッププログラム停止

ということでした。

Windows10搭載パソコンのフリーズまとめはこちら↓

Windows10搭載パソコン(PC)がフリーズした場合に、安全に再起動する方法からフリーズの原因特定&再発防止方法のまとめです。...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする