【2021年前半】おすすめノートPC3選

Windows10 FileZilla「Error: Failed to retrieve directory listing」の対処法

2 min
Windows10 FileZilla「Error: Failed to retrieve directory listing」の対処法

なぜかFileZillaを使ってFTPサーバーに接続できない・・・エラーが表示される。

知人

知人

SEパパ

SEパパ

記事タイトルのエラーが発生するときに、試してほしい対処法があるんだ。紹介するね。

FileZillaを使ってFTPサーバへの接続を試みたときに、「Error: Failed to retrieve directory listing」と表示されてしまうときの対処法を紹介します。

スポンサーリンク

FileZillaでこのエラーが発生した経緯と原因は?

知人のPCで現象を確認してみると、FTPサーバーへのアクセスおよびユーザー/パスワード認証はOKでしたが、ディレクトリーリストを取得するときにエラーが発生しました。

このとき発生したエラーは「Error: Failed to retrieve directory listing」

これはつまりTransferモードの設定に問題がある可能性がありましたので、FileZillaの設定を確認することに。(原因はこの設定でした)

FileZillaの設定を変更するだけで解決しました

FileZilla画面のEdit>Settings>FTPをクリックし、Transfer Mode内の「Allow fall back to other transfer mode on failure」にチェックを入れましょう。

もしくはActiveからPassive(recommended)への変更でもOKです。

設定変更後に、エラーが解消しているかチェックしてみてくださいね。

設定変更で解決した理由を簡単に説明します

Transferモードの設定とは何か?というと、サーバーとクライアントPC間のコネクション確立方法を決めるための設定です。

ActiveかPassiveのどちらか1つを選択します。

Activeモードの場合、クライアントPCのファイアウォール設定を甘くする必要がありますので、Passiveモードが推奨されています。

つまり、Activeモードでコネクションが確立できない場合は、クライアントPC側のファイアウォールによって通信が遮断されている可能性があるということです。

FileZillaで本エラーが発生したときの対処法まとめ

FileZillaの設定画面を開き、Transferモードの設定を確認してみましょう。

FileZilla画面のEdit>Settings>FTPをクリックし、Transfer Mode内の「Allow fall back to other transfer mode on failure」にチェックを入れてみてくださいね。

この記事が同じ現象でお困りの方のお役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク
SEパパ

SEパパ

外資系IT企業SE職で2児の父ちゃん!職業柄かリサーチ&問題解決が好き。

幅広いジャンルで「お悩み解決」記事を執筆中。月間最高24万PV。雑誌掲載。

読者様に役立つ情報提供を心がけています。

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA