Windows10でトラブルの多い高速スタートアップを無効化する方法

高速スタートアップ無効化

高速スタートアップとは、Windowsを早く起動するために、Windows8から搭載された機能です。

シャットダウン時にデバイスドライバの状態を覚えておき、次に起動するときにドライバの初期化・ロードを省略することでWindowsを高速起動します。

しかし、この高速スタートアップが原因で、たまにトラブルが発生します。

例えば、Bluetoothが消えた事例↓

いつの間にかBluetoothがない…消えた!?なんて経験はないでしょうか。筆者がWindows10のパソコンを使っているときに、突然Bluetoothが消える現象が発生したことがあります。お困りの方のために、解決した方法を紹介します。

そこで、今回は、この高速スタートアップを無効化する方法を紹介します!

高速スタートアップの設定画面を開く

まず、画面左下のスタートメニューから設定ボタンをクリックします。

次に「システム」をクリックします。

「電源とスリープ」→「電源の追加設定」をクリックします。

「電源ボタンの動作の選択」をクリックします。

高速スタートアップを設定する画面が開きました。

高速スタートアップを無効にする方法

「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックします。※この操作で、「高速スタートアップを有効にする(推奨)」のグレーアウトが解除されます。

「高速スタートアップを有効にする(推奨)」のチェックを外し、「変更の保存」をクリックします。

これで、高速スタートアップの無効化は完了です。

高速スタートアップを無効化する方法まとめ

今回は、Windowsを早く起動するために、Windows8から搭載された「高速スタートアップ」を無効化する方法を紹介しました!

筆者がWindows10を使っていて、この高速スタートアップが原因のトラブルはほとんど経験したことがありません。

しかし、知人からはたまに相談されますし、パソコンに詳しくないと対処が難しいのが現状です。

ということで、少しでもトラブルを減らしたい方は、この記事の内容を参考に「高速スタートアップ」を無効化しておきましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする