Windows10でフォルダを削除できない「この項目は見つかりませんでした」の対処法・解決策

とある日、知人から「フォルダが消せない!助けて!」とヘルプを受けて解決したときのメモです。

なぜかフォルダが消せない・・・

詳しく聞いてみたところ、該当フォルダを削除しようとすると、「この項目は見つかりませんでした。次の場所にはありません。この項目の場所を確認してから再実行してください」が表示されるらしいのです。

しかし結論から言うと、とても簡単に解決できました。

消せないフォルダをとある場所にドロップ&ドロップするだけで、簡単に削除できましたので、同じ現象でお悩みの方向けに解決方法を紹介します。

えいじまん
とても簡単に解決できました

今回紹介する方法は、パソコンが不慣れな方でも簡単に実行できる点がポイントです。

コマンドプロンプトでも削除できますが・・・

この問題の解決方法についてググってみると、

コマンドプロンプトを開いて、コマンドを入力して、消したいフォルダのパスをコピーして・・・

とちょっとパソコン初心者には敷居が高いですよね。

ちょっと難しい・・・

Microsoftの掲示板でもこの問題が掲載されています↓

>>>Windows10 フォルダが削除できない – Microsoft

参考までに、コマンドを書くと以下の通りです。

  • RD /S /Q 削除するフォルダパス(場所)
  • DEL /F /A /Q 削除するファイルパス(場所)

コマンドプロンプトを起動して、上記の通り記述するとフォルダ(ファイル)を削除できます。

次に、もっと簡単に削除する方法を紹介しますね↓

簡単にドラッグ&ドロップで削除する方法

①削除用バッチファイルをつくる

デスクトップにテキストファイルを新規作成する

デスクトップの任意の場所(好きな場所)を右クリック → 新規作成 → テキストドキュメントをクリックします。

すると、次のようにテキストファイルができますので、好きな名前をつけましょう。

テキストファイルを開いて以下を入力、保存する

次に作成したテキストファイルを開いて、以下の2行を追記&保存します。

DEL /F /A /Q \\?\%1
RD /S /Q \\?\%1

↓のような感じになります。

ファイルの拡張子を表示する

テキストファイル → バッチファイルに変換するために、ファイルの拡張子を表示します↓

Windows10でファイルの拡張子を表示させる方法がわからない・・・という方向けに、ファイルの拡張子を表示する方法を紹介し...

拡張子を.batに変更する

↓のように、先ほど作成したテキストファイルの拡張子(.txt)を.batに書き換えます。

すると、↓のように、バッチファイルの出来上がりです。

②消せないフォルダを削除する

消せないフォルダ(ファイルも可)をドラッグして、作成したバッチファイルにドロップします。

すると・・・

消えた!!!

なんとたったこれだけの操作でどうやっても消せなかったフォルダが消えたのです。

このバッチファイルを1度作成しておけば、今後もし同じ現象が発生したときに便利です。

消えないフォルダ(ファイル)をくわせるだけで、簡単に削除できますからね。

フォルダが削除できないときの対処まとめ

今回は、知人から「フォルダが消せない!助けて!」とヘルプを受けて、あっさり解決した方法を紹介しました。

簡単におさらいすると、次の2ステップです。

  1. 削除用バッチファイル作成
  2. 削除できないフォルダを1.にドラッグ&ドロップ

もし今後、今回と同じようにフォルダが削除できなくなっても、このバッチファイルさえ作っておけば、何度でも簡単に削除できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする