Windows10で資格情報を記憶する方法|サーバーに簡単アクセス!

Windows10資格情報を記憶する

ネットワーク上の共有フォルダ(サーバー)にアクセスするときにアクセス認証が行われます。このときWindows10上に資格情報を記憶しておけば、簡単に共有フォルダにアクセスできますよね!

えいじまん
資格情報を記憶するための設定画面をご存じですか?

この画面を使えば、共有フォルダ(サーバー)別の資格情報を簡単に登録・更新・削除することができます。

Windows10で資格情報を記憶する画面の開き方

「コントロール パネル」→ 右上の表示方法を小さいアイコンに変更して「資格情報マネージャー」をクリックします。※コントロールパネルの開き方がわからない方はこちら↓

内部リンク Windows10 コントールパネルの開き方まとめ

この画面で、共有フォルダ(サーバー)にアクセスするための資格情報を記憶するのです。

Windows10で資格情報を記憶する操作の手順

まず、下の画面で「Windows資格情報」をクリックします。

次に「Windows資格情報の追加」をクリックします。

すると、資格情報を記憶するための画面が表示されますので、必要な情報を入力します。

サーバーのローカルユーザーの資格を使って、共有フォルダにアクセスする場合を例に具体例を説明します。

例えば、次のサーバーにアクセスしたいとします。

  • サーバー名:TestServer
  • ローカルユーザー名:TestAccount
  • パスワード:Password

この場合、下の画面のように資格情報を入力します。

これで、記憶した資格情報に問題なければ、共有フォルダにアクセスできます。

もし記憶した資格情報に間違いがあって、共有フォルダにアクセスできない場合は、この画面で簡単に修正することが可能です。

Windows10で資格情報を記憶するまとめ

今回は、ネットワーク上の共有フォルダ(サーバー)にアクセスするために必要な資格の情報を記憶する方法について紹介しました!

コントロールパネルから起動できる資格情報マネージャーで、簡単に資格情報を記憶することができます。

また、共有フォルダ(サーバー)にアクセスしたとき、「アクセス権がありません」といった内容のメッセージが表示される場合は、記憶した資格情報に誤りがあるかもしれません。

その場合も、この資格情報マネージャーを使うと、簡単に資格情報を修正することが可能です。

Windows10の資格情報に関連するこちらの記事もおすすめです↓

認証が必要なサービスやサーバーにアクセスを試みると、アクセス元に問題がないかを確認(認証)するために、資格情報(ユーザー名、パスワードなど)...

Windows10でこれだけは知っておきたい便利情報

この記事は、Windows10で知っておきたい便利な情報をまとめたものです。具体的には、「コスパの良いWindows10パソコンの選...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする