Windows10でコントロールパネルの開き方まとめ|おすすめ順に4通り紹介

windows10コントロールパネル開き方

Windows10のコントロールパネルの出し方・開く方法がわからない、といった相談をよく受けます。複数の方法がありますので、おすすめ順に4つの開き方を紹介します。

えいじまん
簡単に出せますよ♪

Windows10コントロールパネル開き方:スタートにピン留め

まずはじめに、幅広い方におすすめのコントロールパネルを簡単に開く方法を紹介します。この方法の大きな特徴は「Windows7と似たような感覚で開ける」という点です。

スタートメニューにコントロールパネルのアイコンを表示させる方法で、Windows10ではこれをスタートにピン留めと呼びます。

今回は、Windows10でコントロールパネルを簡単に開く方法をご紹介します。Windows7までは、スタートメニューから簡単にコン...

Windows10コントロールパネル開き方:タスクバーにピン留め

スタートメニューではなく、タスクバーにコントロールパネルのアイコンを表示する方法です。

「画面左下のWindowsマーク」→「Windowsシステムツール」→「コントロールパネル右クリック」→「その他」→「タスクバーにピン留めする」の順でクリックします。

すると、タスクバーにコントロールパネルのアイコンが表示されます。

これをクリックするだけで、コントロールパネルを開くことができますので、スタートにピン留めに続いておすすめの開き方です。

Windows10コントロールパネル開き方:ショートカット

デスクトップにコントロールパネルのリンクアイコンを設置してショートカットを作成します。

参考情報:1703より前は、Windowsキー+Xキーで開くメニューにコントロールパネルが表示されて、このメニューから簡単にコントロールパネルを開くことができていましたが、1703以降このショートカットキー(Windowsキー+Xキー)で開くメニュー一覧の中からコントロールパネルが消えました。

「画面左下のWindowsマーク」→「Windowsシステムツール」→「コントロールパネル」をデスクトップにドラッグアンドドロップします。

すると、デスクトップにコントロールパネルのリンクができます。

このアイコンをダブルクリックするだけでコントロールパネルが開きますので、こちらもおすすめの開き方ですね。ただし、デスクトップのアイコンが増えますので、デスクトップをすっきりさせておきたい方には向かないかもしれません。

Windows10コントロールパネル開き方:コマンド

検索

Windowsキーを押して、「control」と入力しEnterキーを押下します。これは正確にはコマンドというよりは、検索してコントロールパネルを開く方法です。

この方法は、マウスを使わずキーボードだけを使って簡単に開くことができます。筆者はいつもこの方法でコントロールパネルを開いていますが、キーボード操作に慣れていない方は少し抵抗のある開き方かもしれません。

コマンドプロンプト

次に、コマンドプロンプトからコントロールパネルを開く方法です。

Windowsキー押下後に、「cmd」と入力してEnterキーを押下すると、コマンドプロンプトが開きます。その後コマンドプロントに「control」と入力しEnterキーを押下するとコントロールパネルが開きます。

これはちょっと手間ですよね。実はこの一連の操作はバッチファイルを作ると、ワンクリックで実行することができます。

まずデスクトップを右クリック→新規作成→テキストドキュメントをクリックします。するとテキストファイルが作成されますので、「control-link.cmd」にリネームします。※ファイル名は任意

「control-link.cmd」を右クリックして「編集」をクリックします。「control」を入力して上書き保存します。

あとは、「control-link.cmd」をダブルクリックするとコントロールパネルを開くことができます。ただしこの開き方であれば、ショートカットの項で紹介したデスクトップにコントロールパネルのリンクを作った方が楽かもしれません。このあたりはお好みで開き方を選択してくださいね。

Windows10コントロールパネル開き方まとめ

今回は、Windows10のコントロールパネルの出し方・開く方法がわからない方向けに、おすすめ順に4つの開き方を紹介しました!

ご自身にあった開き方を選んで、コントロールパネルを快適に開いてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする