Windows10でCドライブ容量が不足して重い・・・ときの原因と対処法

Cドライブ空き容量不足

ある日のこと、突然知人から「Cドライブの空き容量が0になった・・・」との連絡を受けて、解決したときのメモです。

知人
Cドライブの空き容量がない・・・重くて何もできない

実際に、知人のパソコンを診てみると、Cドライブの空き容量が、308KBしかなかったのです・・・。

でもこれ、意外と簡単に解決できましたので、その方法を同じ現象でお困りの方のためにシェアします!

Cドライブの空き容量が1MB以下に!?

実際にこの現象でヘルプしてきた知人は3人もいます。私が確認したときのCドライブ空き容量はそれぞれ「308KB」「0B」「704KB」でした。

さすがにこれほどまでにCドライブの空き容量が不足していると、Windows10の動作に支障が出てしまします。

具体的には、パソコンの動作が重い・遅いといった現象が発生します。

ではなぜこの現象が発生してしまったのか!?それは・・・

Cドライブの空き容量が不足した原因

直接的な原因は、Cドライブ直下のWindowsフォルダ下のTempフォルダに大量のTempファイルが生成されていたことです。

通常このフォルダの容量は、数KB~数MB程度ですが、このとき数十GBもの容量があったのです。

えいじまん
通常の1万倍もTempファイルが生成されている・・・

ではなぜこうなったのか?というと、根本的な原因は、Windows Updateが適用されていない(Windowsが最新の状態ではない)ことにありました。

Cドライブの空き容量が不足した場合の対処法

まず、Windows下のTempフォルダ内のファイルを全て削除します。この操作でCドライブの空き容量を確保します。

※Tempフォルダ以外のファイルを消さないように注意してください。

次に、Windows Updateをあてて、Windowsを最新の状態にします

以下の記事で詳しい操作手順を紹介しております↓

今回は「Windows10の動作が重い!順番に試したい13の手順・解決策(実例3選付き)」の対策手順①についてわかりやすく画面付きで詳しくご...

Windows10でCドライブ容量不足まとめ

今回は、知人から「Cドライブの空き容量が0になった・・・」との連絡を受けて、解決した方法をご紹介しました!

特にパソコンに不慣れな方は、なぜCドライブの空き容量がなくなったのか、簡単に原因がわからない可能性がありますので、同じ現象でお悩みの方はぜひこの記事を参考に対処してみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする