Windows10で外付けキーボードの日本語入力ができないときの対処法・解決策

タブレットPC(2in1 PC)、例えば「Surface Pro」や「Surface Go」は標準でキーボードがついていません。

キーボードを使いたい場合は、純正のタイプカバーもしくは外付けでBluetoothキーボードを購入する必要がありますよね。

タブレットPCにBluetoothキーボードを使うことが多い

Surfaceの純正タイプカバー(キーボード)は、タイプ感が好きではないという方も多いですし、Surface以外のタブレットPCは、純正キーボードがない場合がほとんどですので、外付けでBluetoothキーボードを購入する方が多いのではないでしょうか。

しかし、いざWindows10に外付けのBluetoothキーボードを接続してみると、英語レイアウトに設定され、日本語入力できないという困った現象に遭遇しました。

ということで、この現象の解決策を紹介します!

Windows10のキーボード設定を確認

まず、あなたのPC上で、Windows10のキーボード設定がどうなっているのかを確認します。

「Windowsボタン(画面左下)」→「設定(歯車)」→「時刻と言語」→「地域と言語」→「日本語」→「オプション」画面を開きます。

下図の通り、ハードウェアキーボードレイアウトの下に、キーボードレイアウト:XXXXXが表示されますのでこの部分を確認します。

ここが「英語キーボード(101/102キー)」になっているはずです。

Windows10のキーボード設定を日本語に変更

次に、キーボード設定を英語→日本語に変更します。

「ハードウェアキーボードレイアウト」→「レイアウトを変更する」画面をクリックします。

日本語キーボード(106/109キー)を選択してOKをクリックします。

Windows10を再起動

Windows10を再起動した後、Bluetooth外付けキーボードで日本語を入力してみましょう。

テキストファイル等を開き、適当に日本語を入力してみて、問題なく日本語が入力できたら解決です。

Windows10の外付けキーボードまとめ

今回は、外付けBluetoothキーボードを購入して、PCに接続してみたけど、なぜか日本語入力できない!ときの対処法・解決策を紹介しました。

同じ現象でお困りの方の参考になれば幸いです!

その他、Bluetoothに関連するトラブル解決記事も執筆しております↓

いつの間にかBluetoothが消えた!?なんて経験はないでしょうか。筆者がWindows10のパソコンを使っているときに、...
パソコンを少し放置→スリープ状態→復帰したあとBluetoothデバイスとのリンク接続が切れる!Windows10を再起動しないと再接続でき...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする