Windows10で頻発するブルースクリーンの原因と対処法・解決策

WIndows10ブルースクリーン

ある日突然何の前触れもなくやってくるこの青い画面。作業中でもお構いなしに切られますので非常に困りますよね。。。

例えばメール文を作成中にブルースクリーンになると、一時保存でもしていない限り作成中の文がすべて消えてしまいます。つまり1からメール文を作り直すことになってしまうのです。

あら、それは困るわね

早急に解決したいけど、どうしたらいいのかわからない。。

という方向けに、Windows10で発生するブルースクリーンの原因と対処法・解決策をご紹介します。

えいじまん
Microsoftの情報をもとに紹介します!

Windows10ブルースクリーンの表示内容から原因特定

Windows10のブルースクリーン画面には次の内容が表示されます。

この問題と可能な解決方法の詳細については、https://www.windows.com/stopcode を参照してください

停止コード:KMODE EXCEPTION NOTHANDLED
失敗した内容:XXXXXX.sys

このXXXXXX.sysが原因でブルースクリーンを発生させています。

Windows10ブルースクリーンの原因は.sysファイル

sysは、systemのsysです。

この~.sysファイルは、主にハードウェア(外部接続の周辺機器やパソコン内部のCPUなど)を制御するデバイスドライバです。

デバイスドライバが何らかの原因でまともに動けなくなったとき、システムを復旧させるために、Windows10を再起動しようとします。

このとき表示されるのがブルースクリーンです。

つまり、このシステムファイルがブルースクリーンを出した原因をつぶせば、ブルースクリーンは発生しなくなります。

Windows10ブルースクリーンの対処法・解決策

ブルースクリーンの表示内容をみてみると、次のメッセージが表示されています。

「この問題と可能な解決方法の詳細については、https://www.windows.com/stopcode を参照してください」

このURLにアクセスするとMicrosoftの公式サポートページである「ブルースクリーンエラーのトラブルシューティング」ページに飛びます。

>>>「ブルー スクリーン エラーのトラブルシューティング – Microsoft Support

このページには簡単にまとめると次のようなことが書かれています。

  • アップデートを確認する
  • ドライバを更新する
  • デバイスの状態をチェックする
  • ソフトウェアを削除する
  • 外部ハードウェアの取り外し
  • 高速起動をオンまたはオフにする
  • セーフモードで起動する

アップデートを確認する

Windowsアップデートを確認して適用します。

詳細手順は確認して問題を解決する↓

今回は「Windows10の動作が重い!順番に試したい11の手順・解決策(実例3選付き)」の対策手順①についてわかりやすく画面付きで詳しくご...

※Windows10が重い場合の対策記事ですが、今回のケースも全く同じ手順で実施しますので、この記事をご参照ください。

ドライバ(sys)を更新する

ブルースクリーン画面に表示されたXXXXXX.sysファイルをネットで検索して、原因のドライバを特定します。

実際に筆者のPCで発生したXXXXXX.sysをネットで調べたところ、とあるHDD/SSDセキュリティソフトのsysファイルだと判明しました。

そこで、このソフトを最新バージョンに更新したところ、ブルースクリーンは発生しなくなりました。

sysファイルが何者か特定できない場合は、microsoftのサポートページ「Windows 10 でのドライバーの更新 – Microsoft Support」に一般的なドライバ更新方法が記載されているので試してみてください。

デバイスの状態をチェックする

sysファイルは、ハードウェア(デバイス)にアクセスします。

つまり、ハードウェア(デバイス)自体に問題がある場合も、sysファイルが正常動作できずにブルースクリーンが発生することがあります。

各パソコンメーカごとにデバイス状態をチェックするための機能が搭載されています↓

Windows10が起動しない場合、まず実施すべきは、ハードウェア診断です。 ※ハードウェア:電源・ファン・メモリ・HDDなど ...

ここで問題が発見された場合は、デバイスの修理または交換を実施することになります。

ソフトウェアを削除する

XXXXXX.sysをネットで調べて、どのソフトウェアのsysファイルかが判明した場合は、まず最新バージョンまたは、問題なく動作していたバージョンに戻します。

これでもブルースクリーンが発生してしまう場合は、このソフトウェアを削除して、問題が解決するかを確認します。

外部ハードウェアの取り外し

外部接続しているハードウェア(例えばプリンタやマウスなど)に原因がないかを確認します。

確認方法は簡単で、例えばマウスの場合

  • 有線で接続している場合、パソコンのUSBポートからマウスの線を抜きます。
  • 無線で接続している場合、USBポートから無線機を取り外します。

これでブルースクリーンが発生しなくなるかを確認します。

もし発生しなくなった場合は、取り外したハードウェア自体かそのドライバに問題があることがわかります。

この場合はドライバを更新する、ハードウェアを買い替えるなどの対応をとることになります。

セーフモードで起動する

Windows10をセーフモード(必要最小限のソフトウェア構成)で起動して、ブルースクリーンが発生するかを確認します。

これで発生しなくなった場合は、セーフモードでは動作しないソフトウェア/ハードウェアに問題があることがわかります。

また、原因のソフトウェアがわかっている場合でも、通常起動ではブルースクリーンが出て、問題のソフトウェアを削除できない場合にも、セーフモードで起動して該当ソフトウェアを削除します。

Windows10をセーフモードで起動するして問題を解決する↓

Windows10ではどうやってセーフモードを起動したらいいの?なぜF8で起動できなくなったの?なんて方向け...

Windows10ブルースクリーンまとめ

今回はWindows10で発生するブルースクリーンの原因と対処法・解決策をご紹介しました!

その他のWindows10トラブル対応まとめはこちら↓

今回はWindows10の調子が悪いときの原因と対処法・解決策のまとめです。Windows10(パソコン)が不調になる原因は、大きく...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする