Windows10でブルースクリーンの発生原因(.sys)を特定する方法

ブルースクリーン原因特定

ブルースクリーンが発生したけど、原因が何かわからない…どう対処していいかわからない…なんて悩みはありませんか?

PCを操作中に突然発生するブルースクリーン、ちょっとビックリしますよね。

しかも、発生したあと少し放置すると勝手に画面が消えるため、原因の調査ができずに困ってしまうことがあります。

そこで、今回は、ブルースクリーンが発生した場合の原因(.sys)を特定する方法について紹介いたします。

.sysファイルを特定した後の対処法はこちら↓

ある日突然何の前触れもなくやってくるこの青い画面。作業中でもお構いなしに切られますので非常に困りますよね。。。例えばメール文を作成中...

ブルースクリーン上で原因(.sys)を確認する

Windows10のブルースクリーン画面には次の内容が表示されます。

もし、この画面を写真に撮るなどして確認できた場合は、以下の内容から原因の特定と再発防止策を講じることができます。

この問題と可能な解決方法の詳細については、https://www.windows.com/stopcode を参照してください

停止コード:KMODE EXCEPTION NOTHANDLED
失敗した内容:XXXXXX.sys

このメッセージの場合、XXXXXX.sysが原因でブルースクリーンを発生させています。

.sysファイルを特定した後の対処法はこちら↓

ある日突然何の前触れもなくやってくるこの青い画面。作業中でもお構いなしに切られますので非常に困りますよね。。。例えばメール文を作成中...

ではもし、ブルースクリーンが消えてしまった場合、どうすればいいのか?次の項で紹介します。

ブルースクリーンのダンプファイルを調べる

C:\Windows\Minidump フォルダの中に、○○○.dmpファイルが生成されます。

ブルースクリーンの詳細情報が記録されているMinidumpファイルを開いて、中身を確認することで発生原因(.sys)を特定できます。

そのためには、まず、Windows10製作元のMicrosoftが公開しているツール(Debugging Tools for Windows)をインストールします。

↓のリンク先にある「インストーラーをダウンロードする」をクリックしましょう。

>>>Windows 10 SDK のダウンロード – Microsoft

すると、下図のように「winsdksetup.exe」がダウンロードされます。

これを起動すると、次の画面が表示されますので、赤枠内にチェックをいれて、Nextをクリックします。

Nextをクリックします。

Acceptをクリックします。

「Debugging Tools for Windows」のみにチェックを入れて、Installをクリックします。

あとは、100%になるまで待つだけです。

これでブルースクリーンの原因を調査するために必要なツールのインストールは完了です。

次に、インストールした「Debugging Tools for Windows(WinDbg)」を起動します。

検索ボックスに「windbg」と入力すると、「WinDbg(X86)」が表示されますので、右クリック → 「管理者として実行」をクリックします。

File → Open Crash Dump をクリックします。

解析したいMinidumpファイルを指定します。

「!analyze -v」をクリックすると、原因となったシステムファイルの情報が表示されますので、○○○.sys を探します。

.sysファイルを特定した後の対処法はこちら↓

ある日突然何の前触れもなくやってくるこの青い画面。作業中でもお構いなしに切られますので非常に困りますよね。。。例えばメール文を作成中...

ブルースクリーンの原因特定方法まとめ

今回は、ブルースクリーンが発生したけど、原因が何かわからない…どう対処していいかわからない…ときの原因特定方法を紹介しました。

ブルスクリーン上に表示されているXXXX.sysが特定できない場合は、Cドライブ下に生成されるダンプファイルを使って特定しましょう。

.sysファイルを特定した後の対処法はこちら↓

ある日突然何の前触れもなくやってくるこの青い画面。作業中でもお構いなしに切られますので非常に困りますよね。。。例えばメール文を作成中...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする