Windows10の標準機能でユーザーフォルダを「バックアップ」する方法

Windows10の標準機能でユーザーファイルを「バックアップ」する方法

「ファイル/フォルダをバックアップしたい」

「でも有料ツールは使いたくないし・・・」

「標準ツールでバックアップできる・・?」

えいじまん
実はWindows10の標準機能は優秀なのです

デスクトップやドキュメント、ピクチャ(写真)などのユーザーデータ(ファイル/フォルダ)は、日々更新されるデータですので定期的なバックアップをおすすめしています。

あなた、それは定期バックアップしたいわね

ということで、Window10標準機能「バックアップ」の使い方を紹介します。

「バックアップ」の対象データ一覧

えいじまん
ユーザーフォルダ内のデータが対象(追加可能)↓
  • 保存したゲーム
  • リンク
  • ダウンロード
  • お気に入り
  • アドレス帳
  • デスクトップ
  • ピクチャ
  • ドキュメント
  • ビデオ
  • ミュージック

※その他、インストール済みのアプリが、ユーザー別のデータをユーザーフォルダ下に保管している場合は、そのデータもバックアップ対象になります。

事前に「外付けHDD/SSD」を準備

事前にPCのストレージ容量以上の外付けHDD/SSDを準備しておきましょう。

2020年9月現在、500GB程度のポータブル高速SSDであれば、送料無料で6,000円台で購入できます。

もし、500GBでは足りないという方は、速さはSSDに劣りますが、同程度の価格で1TB(1,000GB)の容量が購入できるHDDにしましょう。

「バックアップ」作成方法・機能の使い方

左下の検索ボックスに「バックアップ」と入力 → Enterキー押下 → バックアップ画面でドライブの追加 → バックアップ先ドライブをクリックします。

オンになっていることを確認します。

今すぐバックアップするには、「その他オプション」をクリックします。

「今すぐバックアップ」をクリックすると、バックアップが走ります。

完了後は、バックアップ先のドライブを表示して、バックアップが正常に完了したか確認しておきましょう。

「FileHistory」という名前のフォルダができていればOK。

えいじまん
簡単ですね!これでバックアップ完了です

Windows10標準バックアップの作成・使い方まとめ

今回は、Windows10のデスクトップやドキュメント、ピクチャ(写真)などのユーザーデータ(ファイル/フォルダ)を「バックアップ」する方法を紹介しました!

これらのユーザーデータは、頻繁に新規作成されたり、更新されたりしますので、これを機に定期的なバックアップを取るようにしましょう。

Windows10の標準バックアップ機能(3種類)の使い方まとめはこちら↓

突然のPC故障に備えておきたい。。でもバックアップってどうやれば?できれば無償の標準機能でバックアップしたい!という方向けに、Windows10の優秀な標準バックアップ機能の詳細と使い方を紹介します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする