Windows10の標準バックアップを自動実行(スケジューリング)する方法

Windows10の標準バックアップを自動実行(スケジューリング)する方法

「突然のPC故障/障害に備えたい・・」

「データを自動バックアップしたい・・」

「スケジューリングできるの・・・?」

Windows10の標準機能を使えば、自動バックアップすることができます。

下図の通り、頻度・曜日・時刻を指定可能で、ファイルだけでなくシステムイメージ(OS環境)までバックアップ設定できる優れものです。

えいじまん
バックアップ内容を細かく設定できますよ

定期的に自動でバックアップを取りたい方は、本記事を参考に設定してみてくださいね!

まず事前に外付けHDD/SSDを準備しよう

事前にPCのストレージ容量以上の外付けHDD/SSDを準備しておきましょう。

2020年9月現在、500GB程度のポータブル高速SSDであれば、送料無料で6,000円台で購入できます。

もし、500GBでは足りないという方は、速さはSSDに劣りますが、同程度の価格で1TB(1,000GB)の容量が購入できるHDDにしましょう。

自動実行バックアップのスケジュールを作成

左下の検索ボックスに「バックアップ」と入力 → Enterキー押下 → [バックアップと復元]に移動(Windows 7)をクリックします。

次に「バックアップの設定」をクリックします。

任意の「バックアップ先」をクリック → 「次へ」をクリックします。

「自分で選択する」をクリック →「次へ」をクリックします。

バックアップしたいデータにチェックを付けます。

例えば、ユーザーデータのみを定期バックアップしたい場合は、「ライブラリ」のみをチェックして、「次へ」をクリックします。

※システムイメージ(OSイメージ)を含めることも可能です。

「スケジュールの変更」をクリックします。

スケジュール(頻度・日・時刻)を好きな値に変更します。

「設定を保存してバックアップを実行」をクリックします。

「バックアップが進行中です…」が表示され、バックアップが実行されます。

えいじまん
お疲れさまでした!これで設定は完了です

これで設定したスケジュール(頻度・日・時刻)通りに自動でバックアップされます。

Windows10で定期的に自動バックアップまとめ

今回はWindows10の標準機能を使って、自動バックアップする方法を紹介しました!

細かく(頻度・曜日・時刻)指定可能で、ファイルだけでなくシステムイメージ(OS環境)までバックアップ設定できる優れものですので、ぜひ使ってみてくださいね。

Windows10の標準バックアップ機能(3種類)の使い方まとめはこちら↓

突然のPC故障に備えておきたい。。でもバックアップってどうやれば?できれば無償の標準機能でバックアップしたい!という方向けに、Windows10の優秀な標準バックアップ機能の詳細と使い方を紹介します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする