【2021年前半】おすすめノートPC3選

Windows10でAppDataがない!場所は?開き方

3 min
windows10 appdata 開けない 場所


「AppDataの場所ってどこ・・・?」

「ユーザーフォルダの下にない・・・」

「どうやって表示したらいいの・・・」


とお悩みの方に、誰でも簡単にAppDataフォルダを表示する方法を紹介します。

SEパパ

SEパパ

とても簡単ですのでサクッとAppDataフォルダを表示してみましょう!

スポンサーリンク

Windows10のAppDataフォルダの場所は?

AppDataフォルダは、どのWindows10搭載パソコンでも、下の場所にあります。

AppDataフォルダの場所

C:\ユーザー\〇〇〇(ユーザー名)\AppData

初期設定ではAppフォルダが見つからない

単純に上記フォルダを開いても、AppDataフォルダは見つかりません。

Windows10がデフォルト設定のままでは、AppDataフォルダが見つからないのです。

あなた、AppDataフォルダはどこなの?どうやったら表示できるの?

つま

つま

SEパパ

SEパパ

実はWindows10の設定を少し変えるだけでAppDataフォルダが表示されるようになるんだ。

Windows10のAppDataの開き方

①エクスプローラーでCドライブを表示する

Cドライブを開くために、まず「PC」を表示します。方法はいろいろありますが今回は2つ紹介します。好きな方で開いてくださいね。

PCを検索して表示する

画面左下に「PC」と入力してEnterキーを押下します。

たったこれだけの操作で、「PC」を開けますので、Cドライブをクリックしましょう。

エクスプローラーからPCを開く

タスクバーのアイコンをクリックして、エクスプローラーを開きます。

サイドバーの「PC」をクリックした後、Cドライブをクリックしましょう。

②ユーザー名のフォルダを開く

Cドライブ直下の「ユーザー」フォルダをクリックします。

「ユーザー」フォルダの直下に「ユーザー名」のフォルダがありますので、今ログオンしているユーザー名をクリックしましょう。

ですが、先ほど説明した通り、このままではAppDataフォルダが見つかりません。

SEパパ

SEパパ

AppDataフォルダは、以下の方法で簡単に表示させることができますよ!

③エクスプローラー表示タブの隠しファイルにチェック

エクスプローラー上部の「表示タブ」をクリックすると、右の方に「隠しファイル」が表示されるので、クリックしてチェックをいれます。

すると・・・AppDataフォルダが表示されました!

試しに「AppData」をクリックしてみると、AppDataフォルダが開かれ、直下に「Roaming」などのフォルダが表示されました。

AppData下のLocal\Tempの場所

AppData下のLocal\Tempフォルダは、どのWindows10搭載パソコンでも、下の場所にあります。

Local\Tempフォルダの場所

C:\ユーザー\〇〇〇(ユーザー名)\AppData\Local\Temp

おまけ①:Windows8.1のAppDataの場所

Windows8.1も10と同様の場所にAppDataフォルダがあります。隠しフォルダを表示する設定にしていれば、Windows10と同様にAppDataが表示されます。

AppDataフォルダの場所(Windows8.1)

C:\ユーザー\〇〇〇(ユーザー名)\AppData

おまけ②:AppDataの場所を変更する方法は?

Cドライブの使用可能容量を空けるために、AppDataを別ドライブに移したい(場所を変更したい)。という要望を受けたのでこの項で回答します。

結論から言うと、システムが利用しているフォルダのため、少し手順が面倒でパソコンに不慣れな方には少しむずかしい操作が必要ですので、おすすめしません。

どうしてもという方は、エクスプローラーを使って、AppDataを別ドライブに移動したあと、下のコマンドを実行してください。※自己責任でお願いします。

mklink /d AppData D:\〇〇〇 ← AppDataを移動したパスを記述

AppDataがない!場所は?開き方まとめ

今回は、どこを探しても「AppData」フォルダが見つからない!という方向けに、AppDataフォルダを簡単に表示する方法を紹介しました!

簡単にまとめると、つぎの手順でAppDataフォルダを開けます。

AppDataフォルダを開く手順

  1. C:\ユーザー\〇〇〇(ユーザー名)を開く
  2. 隠しファイルにチェックを入れる
  3. AppDataフォルダが表示される

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
SEパパ

SEパパ

外資系IT企業SE職で2児の父ちゃん!職業柄かリサーチ&問題解決が好き。

幅広いジャンルで「お悩み解決」記事を執筆中。月間最高24万PV。雑誌掲載。

読者様に役立つ情報提供を心がけています。

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA