Windows10でAppDataがない!場所は?誰でも簡単に表示する方法

windows10 appdata 開けない 場所

「AppDataの場所ってどこ・・・?」

「ユーザーフォルダの下にない・・・」

「どうやって表示したらいいの・・・」

とお悩みの方に、誰でも簡単にAppDataフォルダを表示する方法を紹介します。

えいじまん
簡単ですのでサクッと表示してみましょう!

AppDataフォルダの場所は?

AppDataフォルダは、どのWindows10搭載パソコンでも、↓の場所にあります。

C:\ユーザー\〇〇〇(ユーザー名)\AppData

しかし、単純にこのフォルダを開こうとしても・・・

AppDataフォルダが見つかりません。

どこなのよ?

まずエクスプローラーでCドライブを表示する

Cドライブを開くために、まず「PC」を表示します。

方法はいろいろありますが今回は2つ紹介します。好きな方で開いてくださいね。

①PCを検索して表示する

画面左下に「PC」と入力してEnterキーを押下します。

たったこれだけの操作で、「PC」を開けますので、Cドライブをクリックしましょう。

②エクスプローラーからPCを開く

タスクバーのアイコンをクリックして、エクスプローラーを開きます。

サイドバーの「PC」をクリックした後、Cドライブをクリックしましょう。

次に、ユーザー名のフォルダを開く

Cドライブ直下の「ユーザー」フォルダをクリックします。

「ユーザー」フォルダの直下に「ユーザー名」のフォルダがありますので、今ログオンしているユーザー名をクリックしましょう。

ですが、先ほど説明した通り、このままではAppDataフォルダが見つかりません。

えいじまん
次の方法で簡単に表示させることができます↓

エクスプローラー表示タブの隠しファイルにチェック

エクスプローラー上部の「表示タブ」をクリックすると、右の方に「隠しファイル」が表示されるので、クリックしてチェックをいれます。

すると・・・

隠しフォルダにチェックを入れると、AppDataフォルダが表示されました。

試しに「AppData」をクリックしてみると、

AppDataフォルダが開かれ、直下に「Roaming」などのフォルダが表示されました。

AppDataがない!場所は?開き方まとめ

今回は、どこを探しても「AppData」フォルダが見つからない!という方向けに、AppDataフォルダを簡単に表示する方法を紹介しました!

簡単にまとめると、つぎの手順でAppDataフォルダを開けます。

  1. C:\ユーザー\〇〇〇(ユーザー名)を開く
  2. 隠しファイルにチェックを入れる
  3. AppDataフォルダが表示される

この記事が同じ現象でお困りの方の参考になりましたら幸いです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする