Windows10で32bitOCXを登録する方法

OCX32bit64bit

32bitアプリケーションをWindows7(32bit)からWindows10(64bit)環境に移植したあと、いざ実行してみると、エラーメッセージが表示されてしまう場合の対処方・解決策です。

Windows10(64bit)環境に32bitOCXを登録する方法をご紹介します。

OCX実行時のエラーメッセージ

実行時エラー’339′:
コンポーネント’XXXXXXXX.OCX’、またはその依存関係の一つが適切に登録されていません。ファイルが存在しないか、あるいは不正です。

64bit環境で32bitOCXを登録する方法

OCXファイルの準備

移植元のPC(32bitOS)からOCXをコピーして、以下フォルダの下に配置します。

C:\Windows\SysWOW64下にコピー

sytem32フォルダの下にコピーしないように注意してください。紛らわしいですが、以下のような仕組みになっておりますので注意が必要です。

  • 「C:\Windows\System32」フォルダの中には64bitプログラム用のファイル(64bitバイナリ)
  • 「C:\Windows\SysWOW64」フォルダの中には32bitプログラム用のファイル(32bitバイナリ)

OCXファイルを登録

コマンドプロンプトを管理者モードで起動し、以下のコマンドを入力します。

cd \windows\syswow64 
regsvr32 c:\windows\syswow64\XXXXXX.ocx 

下図のようにDllRegisterServerに成功しました。と表示されればOCXの登録完了です。

まとめ

今回はWindows10(64bit)環境に32bitOCXを登録する方法をご紹介しました。

64bit環境下ではSysWOW64というフォルダの下に、32bitプログラム用のファイルが配置されますので、ちょっと紛らわしいですよね。。。

この記事が皆様のお役に立ちましたら幸いです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする