クリナップのTKB6000C1CL交換方法!写真付きで徹底解説!

TKB6000C1CL交換

クリナップのアルカリイオン整水器交換用浄水カートリッジ(TKB6100DCL用)TKB6000C1CL の交換方法について、写真付きでわかりやすくご紹介します。

我が家で初めてTKB6000C1CLを交換したときは、クリナップの交換訪問サービスを利用しました。

このクリナップのサービスマンに教えてもらった注意点も踏まえながらTKB6000C1CLの交換方法をご紹介します。

クリナップに交換訪問依頼すると、数千円とられますので、節約のためにも自分で交換したいですね!

スポンサーリンク

TKB6000C1CLのクリナップ交換訪問作業料(参考情報)

まずクリナップにTKB6000C1CLの交換訪問依頼をした場合、その作業料がいくらなのか?について、ご紹介します。

これが、我が家に送付されてきた「クリナップアルカリイオン整水器カートリッジTKB6000C1CL交換のご案内」です。

クリナップTKB6000C1CL

この中に交換作業料3,500円(税抜)とありますので、3,780円(税込)となります。※2018年4月情報

TKB6000C1CLの交換方法

TKB6000C1CLを取り出す

水が止まっているのを確認してから、カバーを外します。

次に、下の写真のようにタオルを置きます。※TKB6000C1CLを外した時に水が出るため

TKB6000C1CLの上面を下に押すと少し下がりますので、下の写真のように本体から外します。※このとき水が出ます

TKB6000C1CLを取り外すと下の写真ように水がたっぷり入っていました。

TKB6000C1CLを取り外す前にタオルを敷くのを忘れないようにしましょう!

新しいTKB6000C1CLを取り付ける

外すときと同様に、TKB6000C1CLの上面を下に押して本体に取り付けます。

TKB6000C1CLがしっかりと本体に固定されていることを確認します。

リセット&浄水を流す

リセットボタンを3秒間押してリセットします。

次に、浄水ボタンを押して約10リットル(約5分間)浄水を流します。

浄水を流している間に、TKB6000C1CL取付部から水漏れがないか確認します。

カバーを取り付けて完了

まとめ

今回は、クリナップのアルカリイオン整水器交換用浄水カートリッジ(TKB6100DCL用)TKB6000C1CL の交換方法をご紹介しました。

どうしても不安な方は、初回だけクリナップの交換訪問サービスを利用しましょう。私も初回だけそうして、2回目から自分で交換しています。

この記事が皆様のお役に立ちましたら幸いです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする