Surface Goが充電できない!?電源コネクタのLEDが点灯しないときの対処法

Surface Goに電源コネクタを接続しているのに、なぜかバッテリーが充電できない!という知人の相談を受けたときの解決メモです。

知人
なぜか充電できない・・・

Surface Goが充電できない現象

当然、電源アダプタの電源プラグをコンセントに挿した状態で、電源コネクタをSurface Goの電源ポートに接続しています。

この状態で、Windows10上でバッテリーの充電状況を確認すると、なぜか充電されていないといった旨のメッセージが表示されてしまいます。

このとき、電源コネクタのLEDは消灯していました。そして、Surface Goから電源コネクタを抜き挿ししても現象変わらず、といった状況です。

まとめると、次の4点です。

  • 電源アダプタの電源プラグはコンセントに接続済み
  • 電源アダプタの電源コネクタはSurface Goに接続済み
  • Windows10上で、充電していないメッセージ
  • 電源コネクタのLEDは消灯

Surface Goが充電できないときの解決策

原因の切り分けのために、電源アダプタを交換してみたところ、正常に充電できました。

ということはつまり、電源アダプタが故障している!?と思いましたが、念のため充電できなかった電源アダプタの電源プラグをコンセントから一旦抜いて10秒程度経過後に、再度挿してみました。

すると、電源コネクタのLEDが点灯して、正常にSurface Goを充電することができたのです。

つまり、電源アダプタをコンセントから抜き挿しするだけで解決しました。

なんだ!そんなことか!と思うかもしれませんが、今回は単純な抜き挿しでは解決できず、抜いたあと少し時間をおく必要がありましたので、これに気付かずに悩んでいる方がいるかもしれない!と考えて、念のためこのメモを記事にしました。

Surface Goが充電できないまとめ

Surface Goに電源コネクタを接続しているのに、なぜかバッテリーが充電できない!ときの解決策を紹介しました!

電源プラグをコンセントから抜いたあと少し時間を置いて、再度コンセントに接続してみてください。

電源コンセントのLEDが点灯すればOKです!念のため、Windows10上でバッテリー充電中の表示を確認してくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする