「この接続ではプライバシーが保護されません」と表示され、サイトレイアウトが崩れた時の対処法・解決策

「さくらサーバーに構築したサイト(ブログ)のレイアウトが突然崩れました!助けてください!」

という悲痛な知人の悩みを解決したときの話です。

さくらサーバーで複数のドメインを管理している場合に、そのうちの1つのドメインだけをSSLした場合に同様の現象が発生する可能性があります。

この接続ではプライバシーが保護されませんの詳細

レイアウトが崩壊したサイトのURLをWEBブラウザ(Chrome)に入力してみました。

アドレス部の表示状態

するとChromeアドレスバー左端に「この接続ではプライバシーが保護されません」と表示され、その右に「https://レイアウト崩壊サイトURL」と表示されました。

つまり、このような表示になりました。

この接続ではプライバシーが保護されません | https://レイアウト崩壊サイトURL」

サイト内容の表示状態

通常のサイト内容は表示されず、以下の内容が表示されます。

この接続ではプライバシーが保護されません

[レイアウト崩壊サイトURL] では、悪意のあるユーザーによって、パスワード、メッセージ、クレジット カードなどの情報が盗まれる可能性があります。

[詳細]
NET::ERR_CERT_DATE_INVALID

[ ] 危険なアプリやサイトの検出に役立てるために一部のシステム情報やページのコンテンツを Google に自動送信する。プライバシー ポリシー

[詳細設定] [セキュリティで保護されたページに戻る]

[詳細設定]ボタンをクリックすると、以下のように表示されます。

「レイアウト崩壊サイトURL」にアクセスする(安全ではありません)

これをクリックすると、サイトの内容が表示されるのですが、レイアウトが壊れた状態で表示されてしまいます。

サイトレイアウトの崩壊状況詳細

スタイルシートに記述した内容がすべて無効になったような状態というとわかりやすいかもしれませんが、以下のような状態になります。

  • 見出し装飾無効
  • ヘッダーフッター装飾無効
  • コンテンツが画面左寄せ

基本的にサイト内容はすべて文字と画像だけになります。

サイトレイアウトが崩壊した原因と対処法

原因

さくらサーバーで複数のドメインを管理している状態で、その中の1つのドメインをSSL化しました。

そのとき、他のドメインはSSL化していません。なんと複数ドメインを持っている場合に1つしかSSL化しなかったことが原因だったのです。

1つのドメインをSSL化したあと、その他のドメイン(SSL化していないドメイン)についてもなぜかSSL(https)の証明書有無をクライアントPC側のWEBブラウザが感知するようになったのです。

その結果、当然SSL化していないドメインは証明書がありませんので、証明書が切れた無効状態だと判定され、「この接続ではプライバシーが保護されません」と表示された。ということです。

対処法

さくらサーバーで管理しているすべてのドメインをSSL化設定します。

無料常時SSL設定は「さくらサーバで「無料SSLの設定方法」と「エラー確認方法」を紹介!」でわかりやすく詳細にご説明していますので、是非参考にしてくださいね。

ポイントは1つだけではなく、管理しているすべてのドメインをSSL化することです。

そしてもう1つ、今回の現象の対処法ということだけでいえば、さくらサーバーコントロールパネル内ですべてのドメインのSSL証明書を登録するだけでOKです。

常時SSL化しなくてもよいドメインであれば、たったこれだけ5分ほどの対応で解決できます。

対処後のサイト動作確認

さくらサーバーコントロールパネル内で該当サイトドメインのSSL証明書の登録ボタンを押すだけで、数分後にはサイトレイアウトが正常な状態に戻りました。

まとめ

今回は「この接続ではプライバシーが保護されません」と表示され、サイトレイアウトが崩れた時の対処法・解決策をご紹介しました!

さくらサーバーで複数のドメインを管理している方で、1つのドメインだけをSSLした!という場合に、この現象が発生しているのであれば、ぜひ参考にしてみてください。

それにしても1つのドメインをSSL化したときに、その他のドメインに影響が出るのはなんとかしてほしいものですね。

この記事がみなさまのお役に立ちましたら幸いです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする