「Simplicity」に必要なプラグインと設定方法

Simplicityに相性の良いプラグインを厳選して紹介します。相性の悪いプラグインもありますので、注意が必要です。

WordPressのテーマをいろいろと調べて、悩みに悩んだあげくSimplicityくん!君に決めた!!っと調子よくインストールしたものの、この次何をしたらええのん?ってなりますよね!?

え?ならない?

私はなりました(泣)

ということで、今回は、Simplicityをインストールした後に、導入すべきプラグインをご紹介いたします!

さてさて、Simplicityはデフォルトで豊富な機能を有しているため、一般的にオススメされているプラグインの中で、不要なものが多く存在しているのです。

つまり、一般的にオススメなプラグインをインストールしても、実はSimplicityには不要だった。。なんてことはよくあります。

ちなみに、不要なものをインストールした場合は、無駄になるだけではなく、Simplicityの機能と重複してしまった場合は、WordPressの動作に悪影響になりかねませんので注意が必要です。

実はブログをはじめたばかりの頃、私も手あたり次第にプラグインをインストールしてしまい、痛い目にあいました。

ということで、必要なプラグインを厳選して、機能別にご紹介します。

スポンサーリンク

プラグインの種別と設定方法

記事を書くときに便利なものだったり、画像圧縮してサイトの表示スピードがアップするものだったり、必要最低限にしぼって紹介してます。たんたんとインストールして早く記事を書くための準備を整えましょう!

記事作成

Speech Bubble

インストールして、有効化しましょう。こんな感じの会話を簡単に表示することができるのです。これは素晴らしい…

えいじまん
おはよう!
むすめ
パパおはよう!

この会話は、wordpressエディタで以下のように書きます。そのままコピペしたあと、画像ファイルと表示名を変更するだけでOKです。

[speech_bubble type="ln" subtype="L1" icon="画像ファイル" name="えいじまん"]おはよう![/speech_bubble]
[speech_bubble type="ln" subtype="R1" icon="画像ファイル" name="むすめ"]パパおはよう![/speech_bubble]

また、次で説明するAddQuicktagプラグインでtag登録すれば、以下のような会話を簡単に挿入することができます。

AddQuicktag

インストールして、有効化したあと、タグを登録しましょう。

タグを登録しておけば、ワンクリックでタグを設定できます。例えば、枠線を表示するためのタグを登録した場合、このような枠線をワンクリックで設定することができます。

枠線に入った文字列

設定 ⇒ AddQuicktagを選択します。すると、こんな画面が開きます。

  • ボタン名:囲み線-シンプル
  • 開始タグ:<div style=”border: 1px solid #cccccc; padding: 10px; background: #F5F5F5;”>
  • 終了タグ:</div>

その他の項目は空白でOKです。

登録すると、wordpressエディタでこんな風に表示されます。

囲みたい文字を選択して、Quicktagsで囲み線-シンプルをクリックすると、こうなります。

選択した文字

先にご紹介したspeech_bubbleも同様に設定できますので、是非設定しておきましょう!

OnePress Image Elevator

画像をコピー&ペーストで記事に挿入できるプラグインです。このプラグインのおかげで、画像挿入に関するストレスが一切なくなりました。

インストールして、有効化した後、画像データをコピーして、wordpressエディタ上でペーストするだけです。

画像データをコピーするツールは次のRaptureがオススメです!Raptureのインストールと使い方は「パソコン画面の一部を切り取りキャプチャする超便利ソフト「Rapture」の紹介 ~導入編~」をご参照ください。

このRaputeで切り取った画面は、本プラグインを使うとWordPress上に簡単に貼り付けることができるようになります。

エラー対策

WP Multibyte Patch

メールの文字化けやトラックバックの文字化けを防止します。最初からインストールされていますので、有効化するだけです。

Broken Link Checker

リンク切れをすぐ察知できます。リンク切れはSEOにも悪影響。インストールしておきましょう。インストールして、設定が必要です。

アクセスアップ

CFiltering

関連記事の精度を上げてくれます。適切な関連記事が表示されれば、あなたのサイトの滞在時間がアップすること間違いなし!
Simplicity2.3.0d以降であれば、有効化してAjaxテストするだけでOKです。

Google XML Sitemaps

Googleの検索エンジンにあなたのサイトのサイトマップを送信するためのプラグイン!アクセスアップには必須のプラグインです。すぐにインストールしましょう。

PubSubHubbub

記事を公開した直後にGoogleサーチエンジンに伝えるプラグインです。タイムラグをなくすことで、パクリ記事対策にもなります。パクリ記事が先にインデックスされてしまうと、あなたの記事がパクリ記事だとGoogleサーチエンジンが勘違いすることになります。そんなのおかしい!ですよね?有効化するだけでOK!なのですぐ有効化しましょう!

高速化プラグイン

画像圧縮やCSS/HTML/Javascriptファイルの最適化をするプラグインを使うことで、サイト表示時間を高速化させることができます。サイトの表示が遅いと直帰率や離脱率が高くなってしまいます。

パーツ

PS Auto Sitemap

あなたのサイトのマップを作るプラグインです。アドセンスの申し込みにもサイトマップは必須です。訪れた方があなたのサイトの構造を理解するのに役立ちますので、必ず設定しましょう!

Contact Form 7

問い合わせページを簡単に作成できるプラグインです。設定しておきましょう。

Table of Contents Plus

目次を自動生成できるプラグインです。

Table of Contents Plus – 記事の目次を自動生成できるWordPressプラグイン

セキュリティ

Akismet

WordPressをインストールして記事を更新しているとしばらくして海外からのスパム攻撃を受ける可能性があります。これを防いでくれるプラグインです。

Akismetの設定方法

Login LockDown

パスワードを規定回数間違えるとロックがかかるプラグインです。不正ログインのリスクを軽減することができます。万が一不正にログインされてしまうと、せっかくあなたが作り上げたブログやサイトが一瞬にしてパーになってしまいます。。。有効化するだけでOKです。

まとめ

Simplicity向けの重要なプラグインを厳選してご紹介しました。内容を読んでもよく理解できない!って方は、とりあえず何も考えずにインストールと設定をしておきましょう!

くれぐれもSimplicityの機能と競合するようなプラグインのインストールだけはしないように注意してくださいね!

その他のSimplicityのカスタマイズも参考にされてください!

「Simplicity」の記事間に区切線を追加する方法

「Simplicity」でフォント色を変更する方法

「Simplicity」の「記事を読む」ボタンをカスタマイズする方法

この記事がみなさまのお役に立てましたら幸いです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする