さくらサーバーからエックスサーバーではなくmixhostに移転した3つの理由

さくらサーバーが遅いため、最初はエックスサーバーへの移転を検討しました。

ところが、最終的にmixhostに移転を決めました。

当然これには理由があります。

今回は、エックスサーバーではなくmixhostを選んだ理由を3つご紹介します。

少しググったらわかりますが、サイト表示速度に関しては、エックスサーバーとmixhostはほぼ同じ速度です。

mixhostの方が速いという記事が大半ですので、少なくともエックスサーバーと同等という前提で進めます。

また、サイトの安定性に関しては「mixhostよりもエックスサーバーの方が良い」、「mixhostは応答しないことがある」などの書き込みをよくみかけます。

筆者が実際に2018年8月中旬から2018年9月下旬までの約1ヶ月半mixhostを使ってみて、応答なしなどのアクセス障害が発生したのか?についてもご紹介します!

この記事でmixhostに関する悩みを解消して、スッキリした気持ちでmixhostを契約しましょう♪

①mixhostの方が料金が安い!

エックスサーバーは、2018年現在、初期費用+12ヶ月でキャンペーン中であっても、合計10,000円はこえます。

一方mixhostは、初期費用が0円、12ヶ月でたったの6,350円でした。

これはさくらサーバーの1年間更新料とほぼ同じ金額ですね。

なぜ安いのか?それは現在mixhostがキャンペーン中だからです。

mixhostをお得に契約する方法はこちら↓

2018年現在、afb(アフィb)というASPに登録すると、キャンペーンページからなんと50%割引でmixhostと契約できるクーポンを入手...

②デメリットはmixhostの容量!?

2018年現在、mixhostスタンダードプランの容量は60GBです。

これはエックスサーバーX10よりも少ない容量になります。

ここで大事な判断ポイントは、この60GBで足りないのか?ということです。

ちなみに当サイトは150記事程度で、使用容量は3GB程度でした。

つまり、1記事に数枚の画像を使う程度であれば、この程度の容量しか使わないということになります。

参考値になりますが、似たような規模のサイトが20サイトつくれますし、合計で3,000記事も書くことができます。

これでも足りない!という方はmixhostでさらに容量の大きなプランにするか、エックスサーバーへの移転を検討すべきです。

ただし、エックスサーバーは次項で紹介するSSLの持ち込みができませんのでご注意くださいね。

③mixhostはSSL持ち込み可能!

これは既にSSL化済みのサイトを移転する場合しか関係がありませんので、SSL化していないサイトを移転する場合は、次項に進んでください。

SSL化済みのサイトを他サーバーに移転するときは、事前に移転先のサーバーで外部SSLサーバー証明書の登録・インストールが可能なのか?つまりSSLの持ち込みが可能か?が重要になります。

これができない場合、一旦https→httpに戻して移転することになり非常に手間がかかります。

httpsのままmixhostに移転する方法はこちら↓

無料SSL化済みのサイトをhttpsのままさくらサーバー→mixhostに移転しました。SSL化済みのままレンタルサ...

「エックスサーバー」vs「mixhost」比較表

特に重要な項目だけを比較表にまとめました。

項目エックスサーバーX10mixhostスタンダード
初期費用3,000円0円
料金(12ヶ月)12,000円11,760円
速度同等同等
SSD容量200GB60GB
SSL持ち込み×
お試し無料10日間10日間

※2018年時点

mixhostは半額キャンペーン中、11,760/2=5,880に消費税を入れて6,350円で契約

容量に問題がなければmixhostがおすすめですね!

httpsのままmixhostに移転する方法はこちら↓

無料SSL化済みのサイトをhttpsのままさくらサーバー→mixhostに移転しました。SSL化済みのままレンタルサ...

SSL化していないサイト(https)でもこの手順でOKです。

この手順のSSL化関連の工程を飛ばしてください。mixhostに移転後に簡単に無料でSSL化できます。

気になるmixhostの安定性は?

冒頭でも少し触れましたが、2018年8月中旬から2018年9月下旬までの約1ヶ月半mixhostを使ってみて、安定性がどうだったのかをご紹介します。

筆者がmixhostにおいたサイトにアクセスする頻度は1日あたりこのくらいです。

  • 自サイトをパソコンとスマホから10~20表示確認
  • 新記事追加、リライトで投稿ページ・メディア等20~40表示

つまり、1日あたり30~60程度、mixhostにアクセスして何らかの応答情報をブラウザに表示しているということになります。

これが1ヶ月半ですので、45日と仮定して、1,350~2,700回はmixhostにアクセス、応答情報の表示をしていますが、今まで1回も応答しなかった(エラーになった)ことはありません。

レンタルサーバーの処理能力をテストするツール等でいじめぬくなど、厳しい条件でテストするとエックスサーバーなどとわずかな差は出るかもしれませんが、運用上ほぼ影響なしと判断しています。

※あくまでも筆者のサイトの場合の結果です。判断は自己責任でお願いいたします。

※しかし多くの方がmixhostに移行している現状からすると、昔と比較して安定性が高くなっているものと考えられます。

まとめ

今回はエックスサーバーではなくmixhostを選んだ理由3つ+実際に1ヶ月半使ってみて安定性がどうだったのか?についてご紹介しました!

容量以外はmixhostに分がありそうですね!

なにより格安サーバーを現在つかっている場合は、金銭的な負担なく移転できるため、この点が特にmixhostがおすすめな理由です。

mixhostにお試し無料登録してみる

mixhost

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 吉池 より:

    現在、mixhostへのサーバー移行を検討していますが、サーバーダウンが頻繁に起こると伺っております。実際、使用してみてサーバーアクセス障害はどの程度起こりますか?

    • えいじまん より:

      吉池さん、コメントありがとうございます!

      約1か月半mixhostを利用してみてアクセス障害等があったのかについて記事に追加いたしました。
      その他知りたい情報等がありましたら、お気軽にコメントをよろしくお願いいたします。