ルーター管理画面(GUI)のスループットが遅い!反応しないし表示されない重い!ときの対処法

とあるルーターの管理画面をWEBブラウザ(※)で開くと、レスポンスがもっさりとして重い・遅い現象が発生しました。

※WEBブラウザとは:IE, FireFox, Chromeなど

この問題、とある方法であっさりとこの問題が解決しましたので、その方法を紹介します。

ルーター管理画面のGUIが遅い現象詳細

我が家で購入したルーターの管理画面にWEBブラウザでログインすると、画面左側にメニューが表示されます。

このメニューのどれかをクリックすると、サクッとメニューに対応する画面に切り替わって欲しいのですが、、、画面が遷移するまでに10秒ほどかかってしまうのです。

どれかのボタンをクリックすると、マウスカーソルがくるくるマークの表示にかわり、なかなか画面が更新されない、という困った現象です。

ルーター管理画面のGUIが重い原因

通常、WEBブラウザを使って管理画面にアクセスすると、WEBブラウザ上で画面を表示するために何かしらの処理が走ります。当然、その処理のスピードが遅いと、処理結果を待っている(画面表示を待っている)時間が長くなります。

つまり、WEBブラウザの処理が遅いと、反応しない!もっさりと重い!といった状態になってしまいます。

具体的には、ブラウザ上で行われる処理の1つにJavaScriptがあります。例えばこのJavaScriptの実行時間が長いと管理画面が表示されるまでに時間がかかってしまう、ということです。

では、JavaScriptなどの管理画面を表示するために行われる処理の実行速度を向上させるにはどうしたらよいのか?について紹介します。

ルーター管理画面のGUI処理を高速化する方法

手っ取り早い方法は、WEBブラウザを変更することです。

当然、画面を描画するときの処理の仕方・やり方・方法は、WEBブラウザによって様々です。つまり、当然処理速度にも差が生じます。

そこで、各WEBブラウザ別にJavaScriptの処理速度の違いをわかりやすく比較しているサイトがあったので紹介します。

>>>「IE7~IE11、FireFox24、35、Chrome42のJavascript実行速度比較

さて、我が家で発生していたルーターの管理画面をWEBブラウザで開くともっさりと重い現象がどうなったのか?というと、

もともとIEを使用していたときは、重い現象が発生していたのですが、WEBラウザをGoogle Chromeに変更しただけでサクサク動作するようになりました。

>>>「Chromeダウンロードページ – Google公式サイト

ルーター管理画面が遅いまとめ

今回は、ルーターの管理画面(GUI)のスループットが遅い・反応しない・表示されない・重い!ときの対処法を紹介しました。

処理速度を早くする手っ取り早い方法は、ブラウザの変更を試してみることです。我が家のルーターの場合は、Google Chromeに変更することで爆速になりましたので、ぜひ試してみてください!

ちなみにWordPressの管理画面やプリンタの管理画面で同じような現象が発生した時にも有効な手段ですのでぜひ試してみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする