Rinker(リンカー)導入&設定を図解|WordPress人気プラグイン

物販アフィリエイトをする上で、超絶便利なWordPress人気プラグインRinker(リンカー)の導入&設定を図解します。

本家Amazonアソシエイトの提携審査に合格できる、もしくはすでに合格している場合は、カエレバ(商品リンク作成ツール)よりもRinker(リンカー)の方が便利でおすすめです。

本家Amazonアソシエイトにどうしても合格できない場合は、Rinkerを使うことができないため、もしもアフィリエイト経由でAmazonと提携して、カエレバで商品リンクを作成しましょう。

Rinker(リンカー)ダウンロード

Rinker公式ページ」にアクセスして、Rinkerを無料ダウンロードします。

「pixiv ID」を持っていない場合、IDを作成する必要があります。BOOTHニュースレターが不要の場合は、忘れずにチェックを外しておきましょう。

メールアドレスとパスワードを入力して、次へをクリックします。

必要上を入力して、登録をクリックします。

再度、無料ダウンロードをクリックします。

すると、ダウンロードが始まります。

ダウンロードされた場所(パス)をメモしておきます。

Rinker(リンカー)インストール

WordPress管理画面にログインして、「プラグイン」→「新規追加」をクリックします。

「プラグインのアップロード」→「ファイルを選択」で先ほどメモしたRinkerダウンロード場所を選択して「開く」をクリックします。

「今すぐインストール」をクリックします。

Rinker(リンカー)設定

Amazon API 設定

インストールが完了したら「プラグインを有効化」をクリックします。

Amazonアソシエイト管理画面」にログインします。「ツール」→「Product Advertising API」をクリックします。

「利用をはじめる」をクリックします。

「アクセスキー」と「シークレットキー」が表示されます。シークレットキーはこの画面を閉じると確認することができなくなりますので、「認証情報をダウンロードする」をクリックして、ファイルで保存しておきましょう。

WordPress管理画面の「設定」→「Rinker設定」をクリックします。

先ほど確認したAmazonの「アクセスキー」と「シークレットキー」を入力します。

AmazonトラッキングID設定

Amazonアソシエイト管理仮面」で右上に表示されているメールアドレスにカーソルを当てると、小窓が表示されますので「トラッキングIDの管理」をクリックします。

表示されているトラッキングIDをコピーします。

WordPress管理画面で、先ほどコピーしたAmazonアソシエイツのトラッキングIDを貼り付けます。

もしもアフィリエイト設定

まず、もしもアフィリエイトで提携したAmazon、楽天、YahooのIDを取得します。

もしもアフィリエイト」にログインして、プロモーション検索をクリックすると表示される提携中プロモーションをクリックします。

Amazonを探して、「広告リンク取得」をクリックします。

a_id=と&p_idの間に表示されている数字をコピーします。※広告IDはどれでも構いません。すべて同じIDが表示されています。

これが、AmazonのIDになります。同様に「楽天」と「Yahoo!ショッピング」もIDを取得します。

コピーしたIDを、Rinker(リンカー)設定画面に貼り付けます。

本家Amazonアソシエイトや本家楽天アフィリエイト、バリューマコース経由のYahoo!ショッピングのIDも入力している場合で、もしもアフィリエイトを優先する場合は、優先ショップにチェックを入れます。

Google Analytics 設定

商品リンクのクリックをトラッキングにチェックを入れて、変更を保存をクリックします。

Rinker(リンカー)で公式ストアボタン作成

Amazon・楽天・Yahooだけではなく、公式ストアのボタンを作成したい商品もありますよね。

公式ストアのメリット(例)

  • 割引率が高い
  • 公式の安心感
  • 保証が厚い

実はRinkerを使えばとても簡単に公式ストアボタンを作成することができます。詳細はこちら↓

Rinker(リンカー)の自由URLを使っていますか?これを使うと、公式サイト/ページ/ストアなどのリンクも作成することができます。...

これでRinker(リンカー)の設定はすべて完了です。

Rinker(リンカー)導入&設定まとめ

今回は、物販アフィリエイトをする上で、超絶便利なWordPress人気プラグインRinker(リンカー)の導入&設定を図解しました!

実際にカエレバ→Rinker(リンカー)への貼り替え作業をしましたが、とにかく楽で使いやすいですね。

  • プラグインの中で商品管理(登録・変更)
  • 文中へのリンク挿入がショートコード1行

カエレバだとかなり長いコードを文中に挿入する必要がありますので、例えば商品リンクの挿入位置をかえたいときなどに苦労します。。

このあたりはもう少しRinker(リンカー)をつかってみてから、別記事でまとめますね!

スマホ縦並び・縦表示のカスタマイズはこちら↓

Rinker(リンカー)を導入して、既知のカスタマイズでstyleシートを編集(display: block;)しても縦並び表示できない ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする