plantumlで「Dot Executable: null」と表示される場合の対処法・解決策

1 min

plantumlでユースケース図を作るぞー!と意気込んでみたものの、いざ動かしてみるとこのエラー・・・。

でも意外と簡単に解決できましたので、対処法を紹介いたします。

 

graphvizがないとエラー表示

graphvizをインストール済みか確認

「C:Program Files (x86)」もしくは「C:Program Files」の直下に、graphvizのフォルダがあるか確認してください。plantumlでユースケース図を表示するためには、このgraphvizが必要になります。

 

graphvizをインストール

graphvizダウンロードサイトにアクセスします。

すると、次の画面が表示されますので、赤枠内のインストーラ名をクリックして、graphvizのインストーラをダウンロードしてください。

 

ダウンロードしたインストーラを起動して、graphvizをインストールしてください。ウィザードにしたがって進めていくだけですので、特に悩むところはないと思います。

インストールが完了したら、plantumlでユースケース図が表示できるようになったか確認してみましょう。

 

plantumlでユースケース図を表示できるか確認

テキストファイルに以下を入力して保存します。

@startuml{test.png}
left to right direction

actor :利用者: as user
actor :コンビニ店員: as admin

package "コンビニ" {
    user -- (商品を購入する)
    (商品を購入する) -- admin
    (商品を陳列する) -- admin
}
@enduml

 

これを、plantumlに読み込ませると、エラー画面ではなく、下図が表示されましたので、これでエラー対応完了です。

 

まとめ

便利なplantumlですが、意外と環境構築が手間ですね。ただし、1度環境を構築してしまえば、とても便利なツールですので、エラーが表示されてしまった場合には、是非本記事を参考にされてくださいね♪

SEパパ

SEパパ

外資系IT企業SE職で2児の父ちゃん!職業柄かリサーチ&問題解決が好き。幅広いジャンルで「お悩み解決」記事を執筆中。月間最高24万PV。雑誌掲載。

読者様に役立つ情報提供を心がけています。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA