もしもアフィリエイトのやり方・使い方|Amazon楽天Yahooショッピング編

もしもアフィリエイトといえば、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングが一括管理できて便利なASPですよね。

今回は、もしもアフィリエイトを始めるか迷っている方や始めて間もない方向けに、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの提携方法から使い方(やり方)までをわかりやすくご紹介します!

※Yahoo!ショッピングの利用者は意外と多いため必ず提携しておきましょう

えいじまん
意外と重要なこと言いましたよ!
Yahoo!ショッピング経由で意外と売れます!

Amazon、楽天だけではなく、このYahoo!ショッピングまでも一括管理できるもしもアフィリエイトのやり方・使い方をご紹介します!

やり方の前に良い評判やデメリットは?を知りたい方はこちら↓

もしもアフィリエイト会員数は50万人を突破し、今や多くの人が利用しているASPです。これから「もしもアフィリエイト」を始めよ...

初心者が成果を上げやすい物販アフィリエイトには必須のASPですので、特に初心者の方はいますぐにでも登録しておきたいASPですね!

⇒もしもアフィリエイト公式ページを確認する

5分で簡単!無料登録してみる

もしもアフィリエイト登録のやり方

未登録の方はまずもしもアフィリエイトに登録する必要があります。

初心者向けに画面多めでわかりやすい登録方法はこちら↓

もしもアフィエイトをはじめてみたい!という初心者向けの記事です。アフィリエイトを始めるためには次の準備が必要です。...

まず「もしもアフィリエイト」にログインします。

検索ボックスに「Amazon」と入力し、「検索」ボタンをクリックします。

検索結果一覧から”「Amazon.co.jp」商品購入~”を探し、「提携申請する」をクリックします。

これで提携申請は完了です。

Amazon側の審査が完了するまで待ちます。

提携審査期間の実例はこちら↓

今回はもしもアフィリエイトでAmazonに提携申請をしてから何日で承認されたのか?について詳しくご紹介します!実際に提携審査してから...

「楽天市場」提携のやり方

検索ボックスに「楽天市場」と入力し、「検索」ボタンをクリックします。

検索結果一覧から”楽天市場 商品購入~”を探し、「提携申請する」をクリックします。

楽天に関しては、これで提携完了です。

※Amazonのように提携審査はありません。

「Yahoo!ショッピング」提携のやり方

検索ボックスに「Yahoo!」と入力し、「検索」ボタンをクリックします。

検索結果一覧から”【Yahoo!ショッピング】 商品購入~”を探し、「提携申請する」をクリックします。

Yahoo!ショッピングに関しても、これで提携完了です。

※Amazonのように提携審査はありません。

ID取得&商品リンク作成のやり方

商品リンク作成ツールをつかうと、下図のようなリンクが作成できます。

※画像です

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの商品リンクを同時に掲載できますので、取りこぼしがありません。

取りこぼしとは何かわかりますか?

例えば、普段Amazonを使っていて、楽天を使わない人がいるとします。そして、あなたのブログ(サイト)には楽天のリンクしか貼っていません。

この方は、楽天のリンクしかないとわかると、商品名をコピーして、Amazonで検索→購入する可能性が高いのです。

これは、ポイントや使い勝手の関係で普段利用しているサイトから購入するためですね。

「Amazonの商品リンクを貼っていれば成果が発生していたのに・・・」これを取りこぼしと言います。

ID取得

「プロモーション検索」をクリックするとリストが表示されますので、「提携中プロモーション」をクリックします。

Amazonを探して、「広告リンク取得」をクリックします。

a_id=と&p_idの間に表示されている数字をコピーします。※広告IDはどれでも構いません。すべて同じIDが表示されています。

これが、AmazonのIDになります。

同様に「楽天」と「Yahoo!ショッピング」もIDを取得します。

商品リンク作成(カエレバ)

Amazonアソシエイトの審査に合格できない場合は、カエレバという商品リンク作成サービスを利用します。

商品リンク作成ページ-カエレバ」のユーザデータ入力欄で、もしもアフィリエイトで取得したAmazo、楽天市場、Yahoo!ショッピングのIDを入力します。

次に、ページ上部の商品検索ボックスに商品名などを入れて検索ボタンをクリックします。

すると、ヒットした商品一覧が表示されますので、紹介したい商品を選んで、「ブログパーツを作る」をクリックします。

すると、画像~ブログパーツ生成項に、商品リンクが作成されます。

このコードを全てコピーして、WordPressテキストエディタに貼り付けます。

プレビューしてみると、こうなりました。

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングのボタンの色や配置等は、スタイルシートを編集することで好きに変更することができます。

当ブログと同じデザインにしたい場合は、「CSSコピペでOK!カエレバ・ヨメレバ・トマレバをまとめてカスタマイズ[ver2]」でわかりやすく記載されているコードをコピペするだけです。

商品リンク作成(Rinker)

※2018年10月25日追記

Amazonアソシエイトの審査に合格できるのであれば、Rinker(リンカー)を使うと効率よく商品リンクを作成することができます。

既に紹介したカエレバと比較すると、次のメリットがあります。

Rinker(リンカー)メリット

  • 簡単操作で商品リンクを挿入可能
  • 公式ストアボタンで収益アップ
  • カスタマイズが簡単

WordPressビジュアルエディタに表示される「商品リンク追加」ボタンを押して、商品を選択するだけで、次のようにショートコードが挿入されます。

たったこれだけの操作とコード量で、商品リンクボタンを作成できちゃいます。表示するとこんな感じ。

※パソコン版

※スマホ版

公式ストアボタンも簡単に作成できてとても便利ですよ!

Rinker(リンカー)にもしもアフィリエイトIDを設定する方法、商品リンクボタンのカスタマイズ方法はこちら↓

物販アフィリエイトをする上で、超絶便利なWordPress人気プラグインRinker(リンカー)の導入&設定を図解します。本家Ama...

カエレバとRinkerの比較

例えば、「商品リンクの挿入位置を変更したいとき」を考えてみます。

カエレバの場合、まずWordPressに貼り付けた長い商品リンクコードを削除し、次にカエレバの画面を開いてコードをコピー、そのあと再度WordPressにコードを貼り付けるという非常に面倒な操作が必要です。

これに対し、Rinker(リンカー)であれば、短いショートコードを消して、商品リンク追加ボタンから再度商品を選ぶだけです。

Rinker(リンカー)の登場で、圧倒的に作業効率がアップしました。※ただしAmazonアソシエイトのIDが必要になります。

つまり、Amazonアソシエイトに合格できるのであれば、Rinker(リンカー)を、合格できないのであればカエレバを選びます。

まとめ

今回は、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの提携方法から使い方(やり方)までをご紹介しました。

特に初心者の方が物販アフィリエイトをはじめる場合には必須級のAPSです。

⇒もしもアフィリエイト公式ページを確認する

5分で簡単!無料登録してみる

良い評判やデメリットを知りたい方はこちら↓

もしもアフィリエイト会員数は50万人を突破し、今や多くの人が利用しているASPです。これから「もしもアフィリエイト」を始めよ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする