mixhostに無料SSLサーバ証明書を登録する方法|SSL持ち込み

mixhostにLet’s Encryptで取得した無料SSLサーバ証明書を登録(インストール)する方法をご紹介します。

参考 無料SSLサーバ証明書を取得する方法|サーバ移転時に必須のLet’s Encrypt

サーバ移転前に、この無料SSLサーバ証明書を登録しておくことで、httpsのままサーバ移転をすることが可能になります。

☆mixhost移転の全手順がみたい場合はこちら↓

無料SSL化済みのサイトをhttpsのままさくらサーバー→mixhostに移転(引っ越し)しました。SSL化済みのままレンタ...

mixhostに移転するドメインを登録

コントロールパネル「cPanel」 | mixhost (ミックスホスト)」にログインします。

アドオン ドメインをクリックします。

mixhostに移転するサイトのドメインを入力し、ドメインの追加をクリックします。

次のように表示されたらドメインの追加は成功です。

mixhostに無料SSL証明書を登録

SSL/TLSをクリックします。

「SSLサイトを管理します。」をクリックします。

mixhostに追加したドメインを選択し、Let’s Encryptで取得した無料SSLサーバ証明書を貼り付けます。

次に、Let’s Encryptで取得した「SSL秘密鍵」と「中間証明書」を貼り付け、証明書のインストールをクリックします。

次の画面のように、「SSL証明書が正常に更新されました」と表示されたら成功です。

これでhttpsのままmixhostに移転する環境が整いました。

ローカルで動作確認

※この項は念のための確認なので出来る方のみでOKです。このあとに実施する手順(別記事)で詳しく説明しています。

hostsファイルを使います。

hostsファイルで、「移転するドメイン名」「mixhostサーバのIPアドレス」を紐づけると、あなたのパソコンだけが現サーバはなくmixhostにアクセスするようになります。

ただし、パソコンが苦手な方には少し難しいため、わからない場合は実施する必要はありません。

hostsファイルでドメイン名とmixhostを紐づけると次のような画面が表示されます。

この画面が表示された場合は、SSLサーバ証明書登録が成功しています。

まとめ

今回は、mixhostにLet’s Encryptで取得した無料SSLサーバ証明書を登録(インストール)する方法をご紹介しました!

SSL(https)のままサーバ移転をする場合には、有効なやり方ですのでぜひ参考にしてくださいね。

ちなみにmixhostの場合、Let’s Encryptで発行したSSLサーバ証明書の有効期限が3日前になると、自動でmixhostのSSLサーバ証明書に置き換えられます。

スバラシイ!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする