ノートパソコンの選び方|CPU編Celeron?Core iシリーズ?

パソコンCPU選び方

家電量販店に行くときっとCore i7をすすめられます。ですが、ほとんどの人はこのCore i7は必要ありません。

妻のご両親も私が何をいっても、「性能が良いパソコンがいいのよ!!」の一点張りで結局20万円弱のノートパソコンを購入。。

結局、Excel程度しか使わずに宝の持ち腐れ。。しかもそのあと起動もせずに埃をかぶることに。。

何のために買ったのかよくわかりませんね。

でもCPUひとつみても、Celeron?Core i3、i5、i7?種類が多くて、どれを選べばいいのかよくわからないと思います。

最近はCore i9も登場しました。

ではどうやってCPUを選ぶのか?というと、用途ですね。ノートパソコンを何に使うのか!?によって必要なCPUが異なります。値段が高ければ高いほど速いというわけではないのです。

SE一筋10年で数百代のノートパソコンを導入してきた筆者が、用途別CPUの選び方をご紹介します。

CPU性能が良い=速い!?

例えば、Excelで文書作成をするとします。

この程度のことをノートパソコンで行う場合、CeleronであれCore i3、i5、i7であれ、体感速度にほとんど差はありません。

ではどんなことをすれば差がでるのか?というと、高解像度の描画処理が必要な超グラフィカルなゲームをしたり、動画を編集したりする場合です。

つまり、ノートパソコンで何をするのか?で選び方が異なるということです。

CPUの種類と選び方

主にざっくりと大きく分けて2通りです。CPUの性能・スペックが大きく影響するのは主に描画処理です。

つまりノートパソコンで高解像度の3D画像や動画などの描画処理が必要な作業をするかどうか?がポイントです。

高解像度3Dゲームや動画・画像編集

高解像度3Dゲームや動画編集、photshopなどで画像編集をする場合は、Core i7がおすすめですね。

動作させるゲームやphotshopなどのソフトウェアの必要動作環境によっては、Core i5で動作するものもあります。

しかし、機能によっては満足に動かないものもありますので、Core i7が無難です。

最低でもCore i5、推奨はCore i7

また、その他サイズの大きなデータの圧縮・解答、膨大な量の演算処理、組み込み系OSのビルドなど、時間がかる処理を行う場合は、CPU性能で明らかに体感速度がかわります。

ですがまず一般用途でこのようなことはしないため、この記事では割愛します。

事務作業(Officeで文書作成など)

Officeで文書作成、インターネット(ブラウジング)、youtubeなどネット動画視聴程度であれば、Celeron〜Core i5を選びます。

この程度の作業であれば、Celeronで十分です。それほどまでに2018年最新のCPUは性能が高くなっています。

ただし、CPUをCeleronにすると、メモリ容量が小さい、解像度が低いスペックのパソコンが多くなります(ラインナップが少なくなる)ので注意が必要です。

ということで、このあたりを考慮して厳選したおすすめノートパソコンをご紹介します。

おすすめノートパソコン

初心者向けコスパPC

特に初心者の方におすすめです。価格は5~10万円。少し余裕があるスペックですので、細かいメンテナンスが必要になりにくいです。

項目スペック(性能)
CPUCore i5
メモリ8GB
解像度フルHD(1920×1080)
画面サイズ11~14インチ
ストレージSSD128~256GB
重量1.5kg以下

一般用途全般で使えるおすすめノートパソコンはこちら↓

仕事柄、数百代のパソコンを導入してきた筆者が、初心者の方向けにノートパソコンの選び方をご紹介します。パソコンに詳しくないと、...

激安3万円台PC

パソコンにはそこそこ詳しい方におすすめです。価格はなんと3万円台!

項目スペック(性能)
CPUCeleron~Core i3
メモリ4~8GB
解像度フルHD(1920×1080)かHD(1366×768)
ストレージSSD64GB~、もしくはeMMC

激安3万円台のノートパソコンはこちら↓

自宅用に手ごろなノートパソコンを探していたところ、激安3万円台(Office付き)をみつけたのでご紹介します。と思っても、ノ...

ノートパソコンの選び方(CPU編)まとめ

今回はノートパソコンを選ぶポイントになるCPUについてご紹介しました。

事務作業程度であれば、Celeron~Core i3で十分、少し余裕が欲しい方はCore i5を選びます。

パソコンの性能はCPUだけではなく、メモリ容量やストレージの種類も大きく影響しますので、トータルスペックを確認する必要があります。

CPU、メモリ、ストレージなどをもっと詳しく知りたい場合はこちら↓

仕事柄、数百代のパソコンを導入してきた筆者がパソコン購入時のスペック表の見方・選び方をご紹介します。パソコンを買い替えよう!...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする