【2021年前半】おすすめノートPC3選

初心者ガイド|WordPressブログの始め方7ステップ

ここではわかりやすく始め方のポイントだけをお伝えします。

WordPressブログの始め方に関する情報は、ネット上に多く出回っています。しかし、どれもボリューミー過ぎてポイントがよくわからない!という方向けのガイドです。

それでは早速ブログの始め方7つのステップをみていきましょう。

①:ブログに書く内容を決める

まず、どんな内容を発信していくのか。コンセプトを決めましょう。

例えば、当ブログの場合は「日々の生活に役立つパソコン活用術・副業解禁時代に役立つブログ構築ノウハウ・当たり前になりつつある英会話習得について、ホットな情報をお届けする」雑記ブログです。

記事を書きながら考えてもOKですが、事前にある程度イメージしておいた方がスムーズに構築できます。

②:レンタルサーバー(ネット上の土地)を契約する

レンタルサーバーとは?

ブログ記事はインターネット経由で読者にアクセスされるため、インターネット上にブログを置く土地(レンタルサーバー)を契約する必要があります。

ではどうやって選んだらいいのか?「どこが良い、どこはダメ。」と言った記事がネット上に出回っているため、どれを選ぶべきか悩むと思います。

しかし、2021年現在は各社競争が激化しており、料金・容量・速度・稼働率において、大差ないサービスを提供している状況です。

どのレンタルサーバーを選ぶべき?

ぶっちゃけ次の3つであればどれでもOK。どれも低料金・高速・安定稼働です。

ちなみに当ブログは、mixhostで2018年から運営しております。

ネット(特にTwitter)上では、よく落ちると悪い噂がありますが、この3年間でサーバが落ちたことは1度もありませんので参考までに。

また、エックスサーバーも使ったことがありますが、mixhostの方が少しだけ安いです。

特にこだわりがない方は、mixhost(ブログを置く場所)で問題ありません。

③:ドメイン(ネット上の住所)を取得する

ドメインとは?

土地(レンタルサーバー)が決まったら、土地に住所を割り当てる必要があります。

例えば、当ブログであれば「eijiman.com」が住所です。読者がこの住所「eijiman.com」を検索すると、読者のPCが当ブログにたどり着きます。

ブログが表示されるまでのステップ
  1. ドメイン(住所)にレンタルサーバー(土地)を紐付け。
  2. 読者が「eijiman.com」を検索すると、契約したレンタルサーバーに飛ぶ。
  3. レンタルサーバーにUPした記事が読者のWebブラウザに表示される。

どのドメイン取得サービスを使うべき?

ドメイン取得サイトは「お名前ドットコム」が有名で、私も以前は使っていましたが、現在は「ムームードメイン」を利用しています。

実は、お名前ドットコムは、メールの量が異常で少し使いづらいのです。

新しいサービスリリース時やドメイン期限が近づくなどのタイミングで鬼のようにメールが届きますので、ネット上でも悪評判が目立ちます。

これに対して、ムームードメインは利用者目線が徹底されているため、特に初心者におすすめできます。

④:WordPressのテーマを選ぶ

初心者ほど有料テーマを選ぶべきです。

なぜなら無料テーマは基本シンプルでカスタマイズ前提のテーマですが、有料テーマは設定だけで「かっこいい、かわいい、おしゃれな」ブログがつくれます。

無料でおすすめのテーマ

どうしても無料がいい!という方は、「Cocoon」にしましょう。

とても優秀なテーマで、無料テーマの中ではピカイチで人気のCocoonですが、とにかくシンプルなため、オリジナル感を出すためにはカスタマイズが必須です。

つまり、CSSカスタマイズやPHPが得意!という方は、CocoonでOKです。

有料でおすすめのテーマ

私も以前はCocoonの前身であるSimplicity 2を愛用していましたが、途中で有料テーマ(THE SONIC)に変更しました。

有料テーマであれば、当ブログのようなトップページ、記事中の装飾(ふきだし・タイトルボックスなど)が簡単に使えます。

つまり、特にブログ初心者の方は有料テーマがおすすめです。

ネット(Twitter)上で人気のテーマ

⑤:無料のASPに登録する

ネットで検索すると、必ず複数のASPの登録を促されます。

しかし、いきなり全部使うことはありませんので、初心者向けAmazon・楽天・Yahooショッピングのアフィリエイトに強い「もしもアフィリエイト」だけで十分です。

成果発生時にメール通知してくれるなど、嬉しい機能豊富ですよ。

⑥:記事の書き方を覚える

  • キーワード選定
  • 見出し構成
  • 文章構成

ポイントはこの3つです。

キーワード選定

検索されないキーワードで記事を書いても誰にも届きません。

キーワード選定のポイントは2つです。

  • 検索ボリュームがある
  • 競合が強くない

無料で使えるキーワードプランナーで検索ボリュームをチェック、実際に検索すれば競合の強さをチェックできます。

検索ボリュームが月間100以上かつ、検索上位に企業サイトや有名サイトがないキーワードがおすすめです。

見出し(H2, H3)構成

検索意図を把握する

キーワードを決めたら、見出しの構成を決めます。

記事の見出しは、読者の検索意図(何を求めて検索しているか)をしっかりと把握した上で、読者が満足する構成にしなければなりません。

検索意図はサジェストキーワード(一緒によく検索されているキーワード)を調べることである程度明確にできます。

サジェストキーワードを調べる

キーワードをラッコキーワードに入力すると、サジェストキーワードが表示されます。

これを参考に読者の検索意図を予測して、記事の構成を決めていきましょう。

例えば、「〇〇英会話 レビュー」がメインキーワードで、これをラッコキーワードで検索すると「〇〇英会話 レビュー 6ヶ月」と表示されます。

この場合、読者は6ヶ月間利用してどの程度話せるようになるのか?を知りたがっていると予想できます。

この内容を記事に構成することで読者が満足する。といった具合です。

文章構成

次に、見出し内の文章の書き方についてみていきます。

読みやすい文章は、統一感があってスッキリしています。

  • 適度に改行する
  • 1見出し200~300文字以内
  • 装飾しすぎない

この3点をおさえるだけで、圧倒的に読みやすくなります。

スマホで読みにくい場合は、改行を増やしましょう。

また、1見出しの文字が多くなる場合は、1見出し1テーマになっていない可能性がありますので、見出しを分けると読みやすくなります。

最後に、装飾はできるだけシンプルに。ごちゃごちゃすると読みにくくなります。色は2色までにしましょう。

⑦:アドセンスにチャレンジする

10記事ほどUPしたら、Google AdSense(アドセンス)にチャレンジしてみましょう。

「審査に合格する=広告掲載できる質が求められる」ため、ブログ初心者最初の登竜門としても有名です。

審査に合格すると、Googleの広告をブログに掲載できるようになりますので収益化の第一歩を踏み出せます。

以上がブログ初心者がWordPressブログをはじめるまでの7ステップです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

>>> ブログ構築カテゴリ記事一覧へ