太陽光パネル「HIT P247αPlus」5ヶ月間の発電実績 vs シミュレーション結果報告!

パナソニック(Panasonic)製の太陽光パネル「HIT P247αPlus」を屋根に装着して5ヶ月が経過しましたので、事前シミュレーションに対して実際の発電量はどうだったのか!?についてご紹介します!

太陽光パネルに興味はあるけど、本当に契約してしまって問題ないのか?シミュレーションを提示されたけど、本当にこの通りに発電してくれるのか!?

えいじまん
心配ですよね?

私も最初は複数のメーカーに見積もり依頼を出してシミュレーションを提示してもらったり、その他いろいろと調査をしたりとかなりの時間をかけて太陽光パネルを契約しても問題ないのか?を調査しました。

結局、最終的には、パナソニック製の人気商品HITシリーズ「HIT P247αPlus」を契約したのですが、なんとまぁシミュレーションよりもかなり多くの発電をしてくれる結果になりました。

私と同じように「HIT P247αPlus」の契約を検討中の方のために参考になる情報をご紹介しますね!

契約したHIT P247αPlusの詳細

5.04kwhの太陽光パネルを契約しました。方位は南南東です。

実際に載せた太陽光パネルです。

  • VBHN247WJ01が18枚
  • VBHN120WJ01が5枚

パワーコンディショナの型式はVBPC246B3です。

HIT P247αPlusシミュレーション結果

4月~8月のシミュレーション結果を表にするとこうなります。

推定発電量[kwh/月]
4575
5621
6518
7562
8607

このシミュレーション結果は、過去30年間の気象状況や、温度による損失、パワーコンディショナの損失、その他の損失(ガラスの汚れ・配線ロス等)を考慮して算出されたものです。

太陽光パネル商談の中で何種類かのメーカ営業さんに確認しましたが、かなり厳しい条件で算出していてシミュレーション結果を下回る結果になることはまずないということでした。

えいじまん
シミュレーションは厳しい条件で算出しているようです

では実際の発電量はどうだったのか!?

みなさんが気になる部分についてご紹介しますね!

HIT P247αPlusの実際の発電量は?

※3月の中旬に取り付けたため、4月以降の発電量を確認していきます。

実際発電量[kwh/月]
4680
5660
6595
7710
8810

これが実際の発電量になります。

シミュレーションを大きく上回っていることがわかります。

実際の発電量 vs シミュレーション

比較表を作成してみました。

推定発電量[kwh/月]実際発電量[kwh/月]差[kwh/月]
4575680+105
5621660+39
6518595+77
7562710+148
8607810+203
2,8833,455+572

発電量の実績値は、シミュレーションの約120%という結果になりました。

これは想定以上の結果になり大満足です。

HIT P247αPlusまとめ

今回は「HIT P247αPlus」の契約を検討中の方のために「事前にメーカー(パナソニック)が算出したシミュレーション」と「実際に太陽光パネルを設置した後に発電した実績値」を比較してみました。

売電単価が下がっている状況ではありますが、一方で太陽光パネル設置コストも下がっているのは事実です。

太陽光パネルを設置すべきかどうかは、売電単価×発電量などのリターンが設置コストを上回るのか?が重要なポイントとなります。

このシミュレーションvs発電量実績値の比較記事が太陽光パネル設置を検討している方々の参考になれば幸いです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする