無料SSLサーバ証明書を取得する方法|サーバ移転時に必須のLet’s Encrypt

Let’s Encryptとは、無料でSSLサーバ証明書を発行してくれる認証局です。

今回はこのLet’s Encryptで無料SSLサーバ証明書を取得する方法についてご紹介します。

どんなときに利用するのか?

サイトを常時SSL化(https化)したい場合は、通常レンタルサーバのサービスを使って無料でSSL化しますよね。

じゃあ、このLet’s Encryptをいつ利用するのか?

というと、サーバを移転する場合に使います。

既にSSL化を実施している場合、httpsのままサーバを移転したいですよね?

Let’s Encryptを利用すればこれを実現できます。

☆mixhost移転の全手順がみたい場合はこちら↓

無料SSL化済みのサイトをhttpsのままさくらサーバー→mixhostに移転しました。SSL化済みのままレンタルサ...

Let’s Encryptに登録

SSLなう!」というサイトでLet’s Encryptに登録します。

メールアドレスを入力して登録ボタンをクリックします。

これで登録完了です。

チャレンジトークンの取得

サーバ移転するドメイン名を入力して、「トークンを取得」ボタンをクリックします。

サーバ移転ドメインの所有確認

ここでは先ほど入力したドメインの所有者が間違いなくあなたであることを確認します。

そのために、現レンタルサーバ内にとあるファイルを配置する必要があります。

次の画面のURL欄に「現レンタルサーバに設置するファイルのフルパス」と「ファイルに記載する内容」が表示されています。

現サーバにファイルを配置した後に、確認ボタンをクリックします。

※ファイルの設置方法は以下の通り

次の画面のようにファイルを設置します。SCPやFFFTPを使ってファイルを設置することになります。

よくわからない場合は、現在使っているレンタルサーバのサポートページを参考にします。

参考 FFFTPを利用する – さくらのサポート情報

さくらサーバの場合は「/home/ドメイン名/www/.well-known/acme-challenge/配置するファイル」になります。

wwwフォルダ(/home/ドメイン名/www)は最初から存在していますので、次の流れで作成していきます。

  1. wwwフォルダの下に.well-knownフォルダを作成
  2. .well-knownフォルダの下にacme-challengeフォルダを作成
  3. acme-challengeフォルダの下にファイルを作成
  4. ファイルの中にファイルの内容を追記保存

ファイルを設置したら、確認ボタンをクリックします。

SSLサーバ証明書を取得

生成ボタンをクリックし、証明書発行申請ボタンをクリックします。

コードが表示されたら成功です。

取得したSSLサーバ証明書は、移転先のレンタルサーバに登録する必要があります。

SSLサーバ証明書の登録方法はこちら↓

mixhostにLet's Encryptで取得した無料SSLサーバ証明書を登録(インストール)する方法をご紹介します。参考 無料S...

まとめ

今回はLet’s Encryptで無料SSLサーバ証明書を取得する方法についてご紹介しました!

SSL化済みサイトのサーバ移転をする場合は、重宝しますのでぜひ参考にしてくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする