Excel表領域全体を2回のキーボード操作で全選択する方法

1 min

大きなExcel表でも範囲全体をたった2回のキーボード操作で全選択する方法をご紹介します。

情報量の少ない小さな表であれば、マウスで簡単に全範囲を選択できますが、大きな表になると端から端までをマウスをひっぱって選択するのは一苦労ですよね。

しかも途中でマウスが手から離れてしまったら最初からやり直しになってしまいます。

 

キーボードを使えばたった2回操作するだけでExcel表の全領域を選択状態にできます。

 

Ctrl+方向キーでExcel表全範囲選択

マウスのときと同様に表の左上にカーソルをあてて、Ctrl+Shift+を押下して1列目を全選択状態にします。

 

次にCtrl+Shift+で全列を選択状態にします。

これでExcel表領域全体を選択状態にできました。

 

Excel表全範囲選択まとめ

今回は、大きなExcel表でも範囲全体をたった2回のキーボード操作で全選択する方法をご紹介しました。

とても簡単な操作ですので、知らなかった方はぜひ覚えておいてくださいね、

SEパパ

SEパパ

外資系IT企業SE職で2児の父ちゃん!職業柄かリサーチ&問題解決が好き。幅広いジャンルで「お悩み解決」記事を執筆中。月間最高24万PV。雑誌掲載。

読者様に役立つ情報提供を心がけています。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA