Excelで特定文字が含まれるセルを複数条件でカウントする方法

countif

今回は、Excelで特定の文字が含まれるセルをカウントする方法です。

例えば、とある表の中に、”晴れ”、”雨”、”曇り”の3種類の文字があったとして、この中から”晴れ”と”雨”のセル数をカウントしたい!なんてことがありませんか?

そんな場合に使える小技をご紹介します。

特定文字を複数条件でカウントする例

例えば、次のような表があったとします。この中から”雨”と”曇”のセル数をカウントする方法をご紹介します。

項目1月1日
東京晴れ
青森
徳島曇り
沖縄晴れ

以下の通り、C5~C8にカウント対象のセルが配置されている場合

countif関数で特定文字が含まれるセルを複数条件でカウント

次のように記述すれば、”雨”と”曇”のセル数をカウントできます。

COUNTIF(C5:C8,”雨”) + COUNTIF(C5:C8,”曇り”)

上記のExcelでは、C2のセルに以下の式を記述することで、”雨”と”曇”のセル数をカウントしています。カウント数は2ですね。

=COUNTIF(C5:C8,”雨”) + COUNTIF(C5:C8,”曇り”)

特定文字を1つの条件でカウントする例

参考までに、1つの条件でカウントする場合もご紹介します。この中から”雨”のセル数をカウントしたい場合は、次の式を記述すればOKです。

項目1月1日
東京晴れ
青森
徳島曇り
沖縄晴れ
=COUNTIF(C5:C8,”雨”)

まとめ

今回は、Excelで特定の文字が含まれるセルをCOUNTIF関数を使ってカウントする方法をご紹介しました。

カウントしたい文字が複数ある場合でも、COUNTIF関数を使えば、簡単にカウントできますので、是非試してみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする