Contact Form 7 で「メッセージの送信に失敗しました」の原因と対処法

2 min
Contact Form 7 で「メッセージの送信に失敗しました」の原因と対処法

 

「メッセージが送信できない・・」

「調べても原因がよくわからない」

「誰か助けてほしい・・・・・・」

 

知人
なぜかエラーがでて送れない・・・

たしかにこの時、筆者がちょっとググっただけでは、ピンポイントの原因と対処法が見つかりませんでした。

WordPressで「Contact Form 7」をお使いの方は多いため、同じ現象でお困りの方向けに、解決方法のメモを紹介します。

 

「メッセージの送信に失敗しました」の現象詳細

メッセージの通り、必要事項を記入して問い合わせメールの送信ボタンを押すと、「メッセージの送信に失敗しました」と表示されてしまう現象です。

 

知人
ググって一番上の記事↓をみたけどわからない・・

外部リンク Contact Form 7 エラー「メッセージの送信に失敗しました」(WP Mail SMTPで解決)

 

後ほどわかったことですが、「知人の現象の原因」と「この記事の原因」が別物でした。

なので、知人は「よくわからない!」となってしまったようです。

 

「Contact Form 7」設定の送信元アドレスが原因

今回の原因は「送信元アドレス」でした。

この送信元アドレスは、お問い合わせに入力された内容を、送信先アドレスに飛ばすときに使われるメールアドレスのことです。

 

下図を参考に、ご自身で作成された「Contact Form 7」の設定画面を開いて「メール」タブの中の「送信元アドレス」を確認してください。

 

送信元アドレスの@マーク以降は、ご自身のブログやサイトのドメイン名と一致している必要があります。

  • xxxx.net なら → 〇〇〇@xxxx.net
  • xxxx.com なら → 〇〇〇@xxxx.com

もしここに、別のドメインのアドレスを設定していると「偽装メール」とみなされて、今回と同じ「メッセージの送信に失敗しました」エラーになります。

 

「送信元アドレス」を作成&設定変更で解決!

送信元アドレスは実際に存在している必要があります。

つまり、レンタルサーバー上でメールアドレスを作成しておく必要があるということです。

 

えいじまん
ポイントは次の2点です↓
  • 送信元アドレスの@マーク以降は、ブログのドメイン名と一致させる
  • レンタルサーバー上で、送信元アドレスを作成する

 

例えば、contact@xxxxx.net(@マーク以降はブログのドメイン)を設定する場合、レンタルサーバー上でこのアドレスを作成すれば、エラーが解消してメールを飛ばせます。

 

知人
メールが飛んだ!!感動!

 

「メッセージの送信に失敗しました」解決まとめ

今回は「Contact Form 7」で「メッセージの送信に失敗しました」エラーが発生する場合の原因と対処法について、紹介しました!

このエラーが発生する方は、作成した「Contact Form 7」の設定(送信元アドレス)をチェックしてみてください。

 

えいじまん
ポイントは次の2点です↓
  • 送信元アドレスの@マーク以降は、ブログのドメイン名と一致させる
  • レンタルサーバー上で、送信元アドレスを作成する

 

この記事が同じ現象でお困りの方の参考になれば幸いです!

SEパパ

SEパパ

外資系IT企業SE職で2児の父ちゃん!職業柄かリサーチ&問題解決が好き。幅広いジャンルで「お悩み解決」記事を執筆中。月間最高24万PV。雑誌掲載。

読者様に役立つ情報提供を心がけています。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA