【2018年】激安3~4万円台のノートパソコンの選び方|なんとOffice付き

パソコン激安Office

自宅用に手ごろなノートパソコンを探していたところ、激安4万円前後(Office付き)をみつけたのでご紹介します。

えいじまん
とにかく安いノートパソコンが欲しい!

と思っても、ノートパソコンは種類が多く、安さだけを重視して使い勝手がわるいと意味がありませんので、どれを選んだらよいものか迷いますよね。。

ノートパソコンで何をするのか?

えいじまん
自宅用で簡単な事務作業くらいかなぁ~
  • とにかく安くノートパソコンをかいたい
  • でも快適な速さが欲しい

こんな方向けに最適なスペックとおすすめのノートパソコンをご紹介します!

4万円前後でSSD搭載でボトルネックのストレージアクセス速度を改善、しかもOffice(キングソフト製)付きのノートパソコンがあるなんてちょっとビックリ。

もちろんこの記事では評価・口コミが良いパソコンだけをご紹介します!

激安で快適なコスパのよいノートパソコンを手に入れて、サクサク作業ができる環境にしましょう!

ノートパソコンの用途確認

ノートパソコンで何をするか?によって当然必要なスペック(性能)が異なります。

  • インターネット閲覧(ブラウジング)
  • Office文書作成
  • ネット動画視聴(youtubeなど)
  • Accessツール作成、VBA
  • C#や.net等の簡単なコーディング

この程度であれば、今回ご紹介するスペックとパソコンで問題ありません。

※高解像度の3D描画処理CADソフトや動画編集などをする場合は注意が必要です。

激安ノートパソコン選び方のポイント

ただ安ければいいというわけではありません。押さえるべきポイントがあります。

  • ストレージ:SSD64GB~、またはeMMCを選ぶ(SSD>eMMC>HDD)
  • CPU:軽い処理ならCeleron~(2018年最新のCPUはCeleron~Core i3で十分な性能)
  • メモリ:4~8GB
  • 画面:フルHDが理想、HDでも可(外部ディスプレイと接続するなどで対策)

HDDを選んではダメです。SSDは最低でも64GBを選び、容量が足りない場合は外付けHDDで補います。

OS(Windows10)が格納されているストレージがSSDであれば起動が速くなります。

通常使うファイル等はSSDにおいておき、容量がたりなくなったら外付けに退避させる運用にします。現在外付けは数百GBのものが数千円で買えます。

ちなみに知人が少し前に私の反対を押し切って、Core i3のHDD搭載ノートパソコンを買いましたが、特にHDDアクセスが多くなる起動処理がとっても遅く、はげしく後悔していました…

激安ノートパソコンおすすめスペックを表にまとめました。

項目スペック(性能)
CPUCeleron~Core i3
メモリ4~8GB
解像度フルHD(1920×1080)かHD(1366×768)
ストレージSSD64GB~、もしくはeMMC

激安ノートパソコンおすすめ2選

2018年9月時点で4万円前後で購入できるノートパソコンを厳選して2つご紹介します。

  • Acer Aspire3
  • mouse MB13ESV

詳細はこちら↓

Windows7のサポート期限も残りわずかになりましたね!Windows10のノートPCに買い替え検討中の方向けに、厳選おすすめパソコンを4...

激安ノートパソコン選び方まとめ

今回は、なんと4万円前後で購入できて、しかも快適&Office付きのノートパソコンをご紹介しました!

よく利用する大手通販サイトの口コミや評価も確認して、納得のいくノートパソコンを手に入れてくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする