赤ちゃんのドライヤーは危険がいっぱい!正しい使い方は?

寒い時期になってくると、「お風呂上がりに湯冷めするかも!」と心配になり、赤ちゃんの髪の毛をあったかいドライヤーで乾かしたくなりますよね。

でも、「頭皮に悪くないかな?」「音が大きくて怖くないかな?」なんて心配になりませんか?

実は赤ちゃんのドライヤーは危険がいっぱいなのです。

そこで、今回は、具体的に何がキケンなのか?いつになったらドライヤーをかけて良いのか?についてまとめました。

えいじまん宅でも、寒い時期になるとドライヤーをかけてあげたくなるのですが、音が怖いのか、一歳の息子は、大泣きしてしまいます><

スポンサーリンク

赤ちゃんにドライヤーは必要か?

基本的に赤ちゃんにドライヤーは必要ないと言われています。

赤ちゃんの髪の毛は、細く柔らかいため、柔らかいタオルでやさしく拭いてあげるだけで、すぐに乾きます。

このため、ドライヤーを使ってまで乾かす必要はないのです。

赤ちゃんにドライヤー!具体的な3つの危険

①頭皮の火傷

赤ちゃんの頭皮は、とても柔らかくてデリケートです。しかも髪の毛の量も少なく細いため、頭皮を守るには不十分な状態です。

そんな赤ちゃんの頭に、ドライヤーの熱風を当ててしまうと、頭皮をいためてしまうどころか、最悪の場合、火傷してしまいます。

②頭皮の乾燥

赤ちゃんの頭皮は、繊細でデリケートな分、乾燥して荒れやすいです。

実は赤ちゃんの表皮は、大人の厚さの半分程度しかありません。そのため、すこしの刺激でも影響を受けやすく、乾燥肌になりやすいのです。

そんな赤ちゃんのデリケートな肌に熱風をあててしまうと、さらに乾燥が進んでしまいます。

③精神的ストレス

赤ちゃんは、聴力が五感の中で一番発達していると言われています。

赤ちゃんをやっとのことで寝かしつけても、ちょっとした物音で、起こしてしまった経験はありませんか?

それだけ音に敏感だということです。

そんな赤ちゃんの耳元で、ドライヤーの轟音を鳴らすと、赤ちゃんはびっくりして、怖くなってしまうものです。

赤ちゃんにドライヤーを使用してもよいとき

ドライヤーの熱風が直接頭皮に当たらない程度に、赤ちゃんの髪の毛の量が増えて、タオルで拭くだけでは不十分。かつ、赤ちゃんがドライヤーの音に怖がらなくなったときは、ドライヤーを使っても良いかもしれません。

目安は一歳くらいと言われています。
※あくまでも目安です

ただし、ドライヤーを使用するときは、赤ちゃんの頭皮に負担をかけないように、できるだけ弱い風を送るようにしてくださいね。

まとめ

基本的に赤ちゃんにドライヤーは必要ありません。

赤ちゃんにドライヤーを使用できるようになったときは、ドライヤーの危険を理解した上で、正しく使いたいですね!

えいじまん
うちの子はいつになったら怖がらなくなるかなー
赤ちゃん
もう少し、待ってくだちゃいねー♪
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする