AccessVBAでテーブルを閉じる3つの方法!+自動ですべてのテーブルを閉じる方法!

今回はAccessVBAでテーブルを閉じる方法をご紹介します。保存しない、保存確認メッセージ表示、自動保存で3つの閉じ方があります。

また開いているすべてのテーブルを自動で閉じる方法もご紹介します。

保存せずにテーブルを閉じる

保存したくない場合は、Closeの第2引数に、acSaveNoを指定します。

DoCmd.Close acTable, "テーブル名", acSaveNo

保存確認メッセージを表示してテーブルを閉じる

保存するか確認させたい場合は、Closeの第2引数に、acSavePromptを指定します。

DoCmd.Close acTable, "テーブル名", acSavePrompt

自動保存でテーブルを閉じる

自動保存したい場合は、Closeの第2引数に、acSaveYesを指定します。

DoCmd.Close acTable, "テーブル名", acSaveYes

自動ですべてのテーブルを閉じる

すべてのテーブルを自動保存で閉じる方法です。

Sub sample()
    Dim cnt As Long
    For cnt = 0 To CurrentDb.TableDefs.Count - 1
        If CurrentDb.TableDefs(cnt).Attributes = 0 Then
            DoCmd.Close acTable, CurrentDb.TableDefs(cnt).Name, acSaveYes
        End If
    Next
End Sub

その他のVBAテーブル操作

今回はAccessVBAでテーブルを開く方法をご紹介します!ただテーブルを開くといっても「表示形式」と「データモード」のオプション指...
今回はAccessVBAで「テーブル内のデータを削除する方法」と「テーブル自体を削除する方法」をご紹介します。テーブル自体を削除する...

まとめ

今回はAccessVBAでテーブルを閉じる3つの方法をご紹介しました。

保存しない、保存確認メッセージ表示、自動保存で3つの閉じ方がありますので、オプションをうまく活用することで柔軟な仕組みが構築できます。

開いているすべてのテーブルを自動で閉じる方法も活用くださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする